N-1とは? デッキ上の兵士たちを極寒から守ったジャケットの魅力に迫る。

  • 2023.01.14
  •              

コットンのアウトシェルに裏ボアが装備された保温性の高いミドル丈のジャケット。アメリカ海軍に採用されたN-1デッキジャケットは現代服としても大いに活躍してくれる機能性を持っている。

遮風性と保温性に優れたジャケット「N-1」。

ダッフルコート、ピーコートとともに、ミリタリー色が強いネイビー由来のアウター。この3種の中で、着丈が短い=機動力に長け、なおかつ防寒性能に優れた海軍もののアウターとして、N-1がある。N-1は、U.S. NAVYを代表するアウターのひとつ。航空母艦をはじめとする艦隊の甲板上で任務に就く兵士たちのために1940年代に登場した。

コットンコードクロスを使用し、ライニングにはアルパカウールライニングを装備。左胸には「U.S.N.」のステンシルが入れられる。¥88,000_(The REAL McCOY’S TOKYO Tel.03-6427-4300)

冬には冷たい強風が吹き付け、当然、海上を主戦場とするため、ファスナーが錆び付いて、ジャケットが開閉できなくなることを想定し、ボタンフライとの二重にするなど、過酷な環境でも、しっかりと兵士の命を守るために作られた。

メインマテリアルとなるのは、ジャングルクロスと呼ばれる高密度に織られたコットングログランを仕様し、保温性を高めるためアルパカライニングを装備。カフスには内リブ、首周りは、ボア襟にチンストラップが付けられるのが基本デザインだ。

後継モデルであるA-2デッキジャケットが登場する1960年代まで、実に15年以上も愛され続けたN-1。耐久性が高く、ミニマルなデザインから、現代服のモチーフとしても根強い人気を持つNAVY GARMENTのひとつだ。

N-1 ¥75,900_ HAT ¥9,790_(BUZZ RICKSON’ S / TOYO ENTERPRISE CO.,LTD. Tel.03-3632-2321) VEST ¥71,500_ (JELADO / JELADO Tel.03-3464-0557) FLANNEL SHIRT ¥8,800_ (BIG MIKE / BASE MADE Tel.03-5829-5926) CHINO PANTS ¥13,200_ (WOOD BLOCK /The Brooklyn Circus Tokyo Tel.03-6805-0704) BOOTS ¥45,870_ (RED WING / RED WING JAPAN Tel.03-5791-3280)
N-1 ¥90,200_ (The REAL McCOY’ S) MOHAIR CARDIGAN ¥66,000_ FOOTBALL T-SHIRT ¥13,200_ (JOE McCOY / The REAL McCOY’ S TOKYO Tel.03-6427-4300)SWEAT PANTS ¥9,900_ (CHAMPION[USED]/ FOVOS Tel.03-3797-5822) GLASSES ¥29,700_ (YELLOWS PLUS / G.B.GAFAS Tel.03-6427-6986) SNEAKERS ¥6,380_ (CONVERSE / CONVERSE INFORMATION CENTER Tel.0120-819-217)

N-1の前身となった通称“デッキフック”。

初期のデッキジャケットはフロントがファスナー開閉式だったが、海上で作業する兵士たちにとって塩害は避けられるものではない。ファスナーが錆び付いてしまっては防寒もできないことから、改良されたのがフックタイプの通称デッキフックと呼ばれるモデル。ウールライニングこそ装備されるものちに、より保温力の高いアルパカライニングへと変更される。

BUZZ RICKSON’S WILLIAM GIBSON COLLECTION

デッキクルーたちによって着用されたジャケットの生地は、直射日光や雨風により、当然、褪色するが、その絶妙な色を黒で表現している。¥68,200_(BUZZ RICKSON’S Tel.03-3632-2321)

BUZZ RICKSON’S

ジャングルクロスのボディカラーやリブの色に合わせ、フックの色もカーキが装備されているため、統一感のあるデザインに仕上がっている。¥53,900_(BUZZ RICKSON’S Tel.03-3632-2321)

CLUTCHが注目するN-1デッキジャケット5選。

1.BUZZ RICKSON’S

ジャングルクロスと呼ばれる高密度なコットングログランをマテリアルに採用。袖口の内側にアルパカモヘアが縫い付けられた初期モデルを完全復刻している。¥75,900_(BUZZ RICKSON’S Tel.03-3632-2321)

2.Trophy Clothing

遮風性、撥水性に優れたグログランピケをマテリアルにミドルレイヤーにシンサレート、ライニングにベビーアルパカを装備。ポケットのレザートリムがアクセント。¥71,500_(Trophy Clothing Tel.03-6805-1348)

3.Dehen

バックサテンをアウトシェルに使用し、通常アルパカのライニングがつけられるが、メリノ種の良質なムートンを装備したDehenらしい新解釈のN-1ジャケット。アメリカ製。¥207,680_(Dehen Japan Tel.03-5752-3188)

4.JELADO

民間用として作られたデッキジャケットをイメージして製作。生地はコットングログランを採用し、ボアもアウトシェルに合わせてグレーで統一。モダナイズされたファッション性の高い1着。¥52,400_(JELADO Tel.03-3464-0557)

5.STUDIO D’ARTISAN

1940年代のU.S.N.デッキジャケットから着想を得たサウンユース仕様のN-1。ユーモラスなグラフィックが描かれたスコードロンパッチが左胸に付けられたキャッチなー一着。¥31,680_(STUDIO D’ARTISAN INTERNATIONAL Tel.06-6536-6328)

※情報は取材当時のものです。

(出典/「CLUTCH2023年2月号 Vol.89」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア