海軍生まれのピーコート。遮風性の高さは厚手のウールメルトンならでは。

  • 2023.01.12
  •              

ウールを圧縮することで遮風性を高めたウールメルトンを使用したピーコート。いまや見慣れたデザインだが、元を辿ればピーコートも海軍で採用されていた銘品だ。

ジェントルマンによく似合うピーコート。

ダッフルコートと双璧をなすウールアウターの代表格といえばピーコートだ。縮絨ウールの肉厚なメルトンをメインマテリアルにダブルブレステッドでフロントボタンは8〜10個前後が装着されたヘビーアウター。このピーコートも海軍で採用されたものだが、18世紀にはすでに原型と言えるコートが存在していたとの話も耳にする。

ヴィンテージのコートは人気が高く、特に1930年代以前に士官用として作られたロングレングスのモデル、通称13スターボタンを装備したモデルは、希少性から高値で取引されている。

1910年代に採用されたピーコートを再現。極厚なウールメルトンにアメリカの国章を表す13個の星が彫刻されたアンカーボタンが付けられる。¥68,200_(BUZZ RICKSON’S Tel.03-3632-2321)

このコートが、海軍の出自であることは、錨マークが入れられたボタンを見れば、容易に理解できるはずだ。ピーコートがこれほどまでに世界中のファッショニスタたちから支持されるのは、防寒着としてのポテンシャルの高さだけでなく、時代を超えても愛され続ける普遍性。

「強さと気品を兼ね備えたミリタリー」。この言葉がピーコートの素晴らしさを何よりも語っている。ジェントルマンを理想とするのであれば、ワードローブに揃えておくべきアウターのひとつと言ってもいいだろう。

P-COAT ¥94,600_ (NIGEL CABOURN / OUTER LIMITS Tel.03-5413-6957)HI-NECK SWEAT ¥23,100_ (ANATOMICA /ANATOMICA TOKYO Tel.070-3144-0378) CORDUROY PANTS ¥33,000_(YANK SHIRE / R YANAGIBASHI Tel.080-7024-4090)SHOES ¥171,600_ (ALDEN/ THE LAKOTA & CO. Tel.03-3545-3322) CAP ¥11,000_( JOE McCOY / The REAL McCOY’S TOKYO Tel.03-6427-4300) GLASSES ¥38,500_ (OLIVER GOLDSMITH/ G.B.GAFAS Tel.03-6427- 6986)
PEA-COAT ¥49,500_ (Post O’ Alls / Post O’ Alls NAKAMEGURO Tel.03-6303-2160)VEST ¥41,800_ (ANATOMICA / ANATOMICA TOKYO Tel.070-3144-0378)CHAMBRAY SHIRT ¥12,980_ (BUZZ RICKSON’ S /TOYO ENTERPRISE CO., LTD. Tel.03-3632-2321) OVERALLS ¥42,900_ ( M A STER&Co. / MACH55 Ltd.Tel.03-5846-9535)

CLUTCHが注目するピーコート6選。

1.BUZZ RICKSON’S WILLIAM GIBSON COLLECTION

高密度な36オンスウールメルトンを採用したオールブラックのピーコート。ポケット口は補強も兼ねたレザーの玉縁仕様。¥70,400_(BUZZ RICKSON’S Tel.03-3632-2321)

2.BROWN’S BEACH JACKET

ごま塩の愛称で知られるビーチクロスを使ったピーコート。13スターの10ボタン、フロント4つポケットヴィンテージスタイル。¥88,000_(FULLCOUNT TOKYO SHOP Tel.03-6804-6541)

3.Schott

極厚32オンスのウールメルトンを使用した定番のピーコート「740」シリーズ。一貫して本国生産にこだわるMADE IN U.S.A. ¥49,500_(Schott Grand Store TOKYO Tel.03-3464-1913)

4.DOWLUCK×BROWN’S BEACH JACKET

DOWRUCK別注のピーコート。アイビーカラーであるエンジのボディがクラシカルながらも新鮮。シルエットはゆったりめ。価格未定(琵琶湖平安樓 Tel.077-594-1901)

5.TENJINWORKS

1920年代以前のピーコートをデザインベースに良質なレザーで仕立てた。ライニングはコットンサージを採用し、クラシカルに。¥214,500_(TENJINWORKS Tel.03-3870-8658)

6.BONCOURA

1910年代のピーコートをモチーフにカシミヤ混のウールを使用し、通常のメルトンにはない柔らかさも表現した渾身の1着。¥143,000_(SALON BONCOURA https://boncoura.jp

※情報は取材当時のものです。

(出典/「CLUTCH2023年2月号 Vol.89」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア