2人のスペシャリストがタッグを組む新レーベル「The 2 Monkeys」に注目!

JELADO代表の後藤洋平氏とクラシックなワークブーツに造詣の深い鈴木理也氏による新たなレーベルが誕生。The 2 Monkeysと名付けられたブランドが展開するプロダクツは、20世紀初頭以前のヨーロッパ、その流れを汲んだアメリカのワークウエアの文化、いわゆる大量生産体制へと移行する前、小さな工房で手作業を中心に靴や服を仕立てていた時代をブランドの世界観に据え、クラシカルな佇まいのアイテムを展開する。

ローンチ後、初のコレクションでは、1920~1930年代のクラシカルなスタイルを持つモカシンブーツ、Sportif(スポルティフ)を発表。ワークとドレスの境目のない時代特有の上品なスタイルのブーツはアメカジだけでなく、ジャケットスタイルとも相性の良いすっきりとしたシルエットが魅力で、The 2 Monkeysを象徴するプロダクツとなっていくはずだ。そのほか同時代を背景としたワークウエアも数型用意され、今後の展開に注目したい。

2人のスペシャリストが展開するThe 2 Monkeys。その名の通りブランドロゴには2匹の猿が刺繍されたアイコニックなタグを装備する

Sportif 110,000円

フレンチヴィンテージをイメージしてデザインされたモカシンブーツ。1920~1930年代頃アメリカでワークやハンティングに取り入れられたモカシンだが、かつてアメリカ中西部に領土を持ちネイティブとの交流も盛んだったフランス人には親和性のあるデザイン。アッパーに使用するのは、履き始めから足に馴染むフレンチカーフ。サイドから見たトゥやヒールの曲線が堪らなくセクシーだ。

踏みつけ部分をグッドイヤーウェルト製法、ウエストからヒールをマッケイ製法にすることでウエストを大きく絞り込み、クラシカルな雰囲気を強調
モカシン部分は飾りモカではなく、サイドと上部の2枚の革を縫い合わせる本物のモカシンを採用。薄い革の先芯を入れたトゥは履くたびに馴染み沈む
ブラックに丘染めされているため、茶芯革特有の経年変化を楽しめる

Belle Epoque Waist Pullover 30,800円

フランスの文明と文化が大いに繁栄した19世紀末~20世紀初頭のベルエポック期のワークウエアをイメージしたプルオーバーシャツ。生地はタテ糸にリネン、ヨコ糸にコットンを使い不規則な杉綾で高密度で織られたアンティークの生地を再現。肌触りの良いコットンの感触と清涼感のあるリネンが独特な風合いを演出する。オフホワイトとスモークブラックの2色展開。

ゆとりある身巾を背中のストラップで絞ると、脇下に配したガセットから真横に伸びる太めの袖と絞りを効かせたウエストが独特のシルエットをつくる。胸から肩を強調する中世以降のヨーロッパのメンズウエアのあり方が生かされている

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

【問い合わせ】
JELADO
Tel.03-5784-9766
http://www.jelado.co.jp

(出典/「CLUTCH2022年8月号 Vol.86」)