書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

会社支給のマウスが、Logicool M750/650/550だったら、モチベーション爆上がりなのに

  • 2022.11.10
  •              

Logicoolが今年2月に発売した、スタンダードマウスM650のラインナップを拡大。Signature M750/650/550の3モデル、2サイズ、5カラー計30モデルを一気にラインナップした。狙うは『ベーシックユーザー』の中の『シンプル&ベターユーザー』。

超高級マウスを使わない人にもより良いマウスを

筆者は、ここ18年間、Logicoolの最上位マウスを使い続けている。デスクワークが長いので、マウスやキーボードなど、手に触れるインターフェイスはとにかく気に入った物を使って、快適に仕事をしたいと思うのだ。

もちろん、我々ほどヘビーユーザーばかりではないと思うので、ライトなユーザーの方が、そこまでこだわるワケではないというのも分かっている。なにしろ、現行のLogicoolの最上位マウス、MX Master 3SはLogicoolストア価格で1万6940円(税込)。決して安くはない。また、企業の大量導入にあたっては、100台、1000台……という単位での導入になるので、マウスに1万6940円ものお金をかけるわけにはいかないというのも理解できる。少しでも安いモデルを買うことになる……というのもある意味仕方ない。

だが、そこは考えを改めていただきたい。コストを追加するとしても、高性能なモデルで効率よく仕事ができるのなら、そちらを選んだ方がいいいに決まっている。

15%のシンプル&ベターユーザーのために

今回の新製品のポイントは、まさにそこにある。

Logicoolの分析によると、あまりマウスやキーボードにこだわらないベーシックユーザー層が41%もいるそうだ。しかし、よくよく聞いてみると、その中には『シンプルで、より良いものであれば、予算以上のものを買う』という人が15%内包されているのだという。Signature M750/650/550がターゲットとするのはこの15%だ。その人たちをLogicoolは『シンプル&ベターユーザー』と名付けた。

そのためM650には、単なる『低中価格帯』というに留まらない『機能』『デザイン性』『感覚性能』の高さが追求された。つまりは『超ハイコストパフォーマンス』なのである。

先行して発売されたM650の開発で特に注目されたのがスクロール機能だ。ウェブサイトやドキュメントを読んだりというオフィスワークの中で、特によく使う機能がスクロール機能で、優れたスクロール機能があれば取り入れたい……というニーズが確実にあるのだそうだ。

そこで、設けられたのが新しいSmartWheelだ。MXシリーズのマグホイールほど高性能ではないが、指ではじくように速く回すと、高速スクロールを体験することができる。これは一般の方にとっても便利だと思う。また、サイドボタンも2つあり、『進む/戻る』の他にさまざまな機能を割り当てて使うことができる。

LとSMの2サイズ展開

デザインもLogicoolらしい、シンプルで美しいもので飽きがこない。右手でも左手でも使えるユニバーサルなデザインになっている。

さらに、サイズは2サイズ展開とされた。これはさまざまな手のサイズに対応するためとされているが、実際のところ、手のひらをマウスの背に乗せたいかどうか? という部分で好みが分かれるところ。筆者のように、手のひらをベッタリとマウスに乗せたいタイプの人はLモデルの方がフィットする。指先でつまむように持つ人は、SMモデルの方が良いだろう。

電源は乾電池タイプだが1本で24カ月持つのだそうだ。また、特徴的な部分として、Logi Boltに対応していることが挙げられるだろう。Bluetoothより途切れにくく安定して繋がるし、暗号化されているので、セキュリティ的にも安心だ。

ちなみに、M650の価格はLogicoolストア価格で4620円(税別)となっている。

高機能なM750と、よりシンプルにしたM550

それぞれの機能の違いにも触れておこう。

M750はM650の好調な売れ行きを受けて作られた上位モデル。

新たに、Easy Switch、Flow、DPI切り替えスイッチなど、MX Master並みの高機能が追加されている。

価格は5280円(税込)

M550は逆にM650でも高価だという人、持った時にサイドボタンが反応してしまうのが、イヤだという人向け。シンプルに機能を絞りつつも、SmartWheelやLogi Boltなどの高い基本性能を持ち3960円(税別)の低価格を実現している。

軽くて快適

実際、筆者のような、高機能マウスを使い慣れた人間が持っても、快適に感じるほど使い心地はいい。

重厚感や、MX Masterのような極限の正確性はないが、軽いし、日常的な使用感はいいし、手にフィットする。シンプルだが、大胆な曲面を描くボディラインも美しいし、左右のエグりと、そこに設けられたウェーブ状のディテールによる持ちやすさも心地よい。

個人で、「1万円以上もするような高機能マウスは要らないけれど、日常使用で充分に心地よいマウスが欲しい」という人にもフィットすると思うし、会社の大量導入などにも相応しいと思う。無頓着に安っぽいマウスをあてがう会社と違って、こんなマウスを提供してくれる会社なら、筆者なら「社員のこと考えてくれているんだな!」って、ロイヤリティが爆上がりしてしまうと思う。

Logicool マウス
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/mice.html

(村上タクタ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア