書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

「あなたもクリエイターに」Adobe MAX開催。AIを使って、クリエイターの能力をさらに拡大

  • 2022.10.21
  •              

クリエイティブの祭典『Adobe MAX』が今年も開催された。アドビといえば、Photoshop、Illustratorなど数十のクリエイティブアプリやサービスが提供されていて、使い手のあらゆるクリエイティブ能力を拡大する存在となっている。すべてはクラウドサービスとなっており、日々アップデートが続けられているが、Adobe MAXでは、大規模なアップデートと今後の方向性が指し示される。詳しい方はすでに、自分のご興味のある部分の発表を目にされていると思うので、ここではアドビのサービスに詳しくない方に向けて、アドビで今後何が起こるのかをご説明しよう。

より多くの人に、クリエイティブの力を

ご存知のように、アドビのアプリは、現在『Adobe CC(Creative Cloud)』という月額6480円のプランに統括されており、この金額を払っているクリエイターは日々、あらゆるアプリを使って、クリエイティブスキルを発揮できるようになっている。写真を加工するPhotoshop、ベクターデータを扱うIllustrator、動画を編集するPremiere Pro、本を作るInDesign……など、ありとあらゆるクリエイティブアプリが揃っており、日常的に次々とアップデートが施されているのが大きな特徴だ。

ここ数年は、iPad対応に関する情報が数多く発表されている。PhotoshopやIllustratorなどがiPad 用アプリでほぼフル機能を使えるようになったり、Frescoという絵画やイラストを描けるアプリが著しく進化したりした。M1、M2を搭載したiPad Pro、iPad Airの登場でiPadでのクリエイティブワークはかなり実用的なレベルになったといえるだろう。

今回の発表は『精度とスーパーパワー』『スピードと手軽さ』『コラボレーションによるクリエイティブワーク』として、取りまとめられていた。

『精度とスーパーパワー』

Adobe CCのアップデートの多くは、アドビの人工知能であるAdobe Senseiの活用によって進化している部分が多い。

Photoshopでは、デスクトップ版の『オブジェクト選択』が進化。複数の人物が接触していても個別に選択することができたり、空、建物、水面、植物など複雑なオブジェクトもそれぞれ認識が可能になっている。

Illustratorで『クロスと重なり』機能を使って、複数のオブジェクトが、前になったり後ろになったりと、絡み合ってるような表現が簡単に行えるようになった。また、テキストはテキスト情報を持ったまま作業を継続できるので、箇条番号や番号付きリストも扱いやすくなった。

また、Generative AI技術(AIに言葉から絵やイラストを描かせる技術)についても、革新的かつ責任ある方法を検討している、とのこと。

また、さらにVR空間で多用される立体物をレンダリングする技術においても、Substanceシリーズにおいてさまざまなアプリが発表されて、アドビのVR空間に対する力の入れようが感じられる。特にSabstance 3D Modelarでは、VRヘッドセットを装着してのモデリングがサポートされた。

コントローラを使って、骨組みを作り、粘土のように盛り上げたり、削ったり。また、新しいクリエイティブ領域が広がったといえるだろう。

『スピードと手軽さ』

この記事を読んでいる非Adobe CCユーザーの人にぜひ使っていただきたいのが『Adobe Express』だ。

Adobe Express
https://express.adobe.com/

ウェブサービスとして使えるデザインツールだが、写真のキリヌキや、画像サイズの変換、ロゴの作成や、バナー、インスタグラム用クリエイティブ、ポスターやチラシの制作など、日常的に使える機能がいっぱい盛り込まれている。

自分の確固たるイメージがあるならAdobe CCを使った方がいいが、『デザインセンスはないんだけど、簡単なクリエイティブワークをする必要がある』というような人にピッタリだ。

簡単にウェブサイトを作れるWixとのコラボレーションも発表された。

たとえば、ロゴでもだいたいの用途を入力して、絞り込んで表示されるたくさんのロゴの中から、使いたいのを選ぶだけ。文字などを打ち変えて、好みに応じて色やフォントを変えていけば出来上がり。たとえば、このロゴは5分で作った(『稲妻』で検索して、名前を打ち変えただけだけど)。

大きなビジネスだと、もっと綿密なクリエイティブワークが必要となるのは当然だが、個人の店舗や趣味のグループなどでは、これで充分。実はThunderVoltを最初にヘリテージ社に提案した時の企画書にあったロゴはAdobe Expressで作ったものだった。

このAdobe Expressがさらに機能アップし、テンプレートも充実している。これまでクリエイティブに縁がなかったという人にこそ、ぜひ使ってみて欲しい。いわばクリエイティブの民主化だ。なんといってもタダだし。

『コラボレーションによるクリエイティブワーク』

コラボレーション機能も実に充実している。

Adobe CCをビジネスで使っている人は成果物をクライアントに確認してもらうシーンが発生すると思う。クライアントと言わないまでも、たとえば、我々のような出版社なら、エディトリアルデザイナーが雑誌誌面のデザインをInDesignからPDFに書き出して、それをメールで送って確認するというようなことが起こる。

クリエイティブワークに慣れている人なら、PDFに対してiPadで修正点を書き込んだりしてやりとりができると思うが、相手が不慣れな場合だと、希望する修正個所が上手く伝えられなかったりして困るというシーンも多々ある。

新機能の『レビュー用に共有』を使えば、共有ボタンを押すだけで共有用のURLが発行される。そのURLはAdobe CCの契約がなくても、どんなブラウザでも開くことができるし、プロジェクト上にピン、矢印、丸などを追加して、フィードバックの文脈を正確に伝えることができる。

フィードバックは、デザイナーが使っているアプリ上に直接戻されるので、デザイナーは別アプリなどを開くことなく、修正を行うことができる。

この『レビュー用に共有』機能は、まずPhotoshop、Illustrator、InDesignで提供され、その後Adobe CC全体で導入されるという。

また、Premiere ProやAfter Effectsなどの動画ファイルに関しては、昨年アドビが買収したFrame.ioの機能を使って、動画フレームを指定してコメントをつけることができる。

クリエイターの力を最大化、それ以外の人にも提供

総じて、Adobe CCの機能はAdobe Senseiの強力な能力を使って、多機能、高性能化しつつも簡単操作で行えるようになっている。クリエイティブワークに関わる人が、他の人に確認してもらうのも便利になるし、クリエイターでない人でも無料で簡単なクリエイティブを作ることができるようになっている。

『Creative for all.』

Adobeのサービスは、多くのクリエイターの力を最大化し、さらにはそれ以外の人にもクリエティブの力を提供しようとしているのである。

(村上タクタ)

 

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア