御殿場バーンストーマーからオリジナルの革ジャン用コンチョボタンが登場。

  • 2024.05.29

多くのレザージャケット愛好家に聖地とも言われる御殿場のセレクトショップ「バーンストーマー」。レザージャケットやブーツなどを膨大にセレクトし、お気に入りのレザーアイテムに必ず出会えるショップとして人気だ。そんなバーンストーマーがオリジナルで革ジャン用コンチョボタンを製作。これは見逃せない。

お気に入りのレザージャケットのアクセントになる秀作。

今回バーンストーマーが製作したのはレザージャケットのドットボタンに装着ができるアクセサリーとして製作したシルバー製のコンチョボタン。

普段あまり使わないドットボタンにセットすることで、アクセントを持たせることができるのが強み。普段、身につけるネックレスなどのアクセサリーが苦手という人にもうれしいアイテムになっている。

すべて素材はシルバー950で製作。大きさは直径2cmと、さり気なく主張してくれる絶妙なサイズ感にまとめている。

デザインはSAKURA(サクラ)CROSS BORN(クロスボーン)INDIAN(インディアン)マハロ君(バッファロースカル)の4種類。サクラは現在完売しているけれど再販予定があるという。

どれも2個セットで1万8700円で販売している。

ダブルのライダースジャケットにあるドットボタンや、シングルライダースであればスタンドカラーにあるドットボタンに装着可能。一般的なレザージャケットのドットボタンには装着が可能になっている。

レザージャケットとともに経年変化を楽しみたいアイテムが誕生した。

SAKURA(サクラ)

日本を代表する花である桜をモチーフにしたオリジナルデザイン。ライダースジャケットにさり気なく和テイストを加えることができる。

CROSS BONE(クロスボーン)

海賊旗やバイカーなどのモチーフとしてもメジャーなクロスボーンをオリジナルデザインで製作。さり気なく主張してくれるのでハードになりすぎないのもうれしい。

INDIAN(インディアン)

アメリカでは定番モチーフとしても有名なネイティブアメリカンのチーフ(酋長)をモチーフにしたデザイン。アメリカンなデザインのライダースジャケットと相性がいい。

マハロ君(バッファロースカル)

大型のバッファローをモチーフにしたデザイン。アメリカでは「平和」「感謝」「魔除け(主にバッファロースカル)」「強さ」「勇気」などを司るアイコンとして用いられている。

【DATA】
Barnstormer
静岡県御殿場市御殿場17-3
TEL0550-75-7755
11時~19時 火曜定休
Web: https://www.barnstormer.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/barnstormer_daily/

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部