軍用車譲りの「道無き道を征く」仕様のジープラングラー。

  • 2023.08.21

ミリタリーにこだわるなら趣味性に特化したクルマを選びたい。ヘビーデューティ車両の代表格であるオフロードヴィークル「ジープラングラー」は、第二次世界大戦中にデビューし、世界中で活躍したジープの元祖「ウィリスMB」がルーツ。ミリタリー由来の高い走破性がアウトドアで大活躍する大きな理由となっている。

アウトドアにも最適な悪路走破性の高さ。

2021 JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON

ジープラングラーは、これまで何度もモデルチェンジを繰り返してきたが、もともとは第二次世界大戦中に開発された軍用車両ウィリスMB型をルーツにもつ。

まずはデザインを見てみると、スクエアなボディはもちろん、独立したフェンダー、7スロットのグリルなど、ウィリスMBのDNAを色濃く受け継いでいることがわかる。実はあまり知られていないが、現代のラングラーもボルト数本でルーフが脱着できるほか、フロントウインドウは前側に倒れ、ドアも簡単に外してMB同様オープンにすることができる。

もちろん機能面も同様だ。質実剛健の四輪駆動システムやストロークの大きなサスペンションは、走る道を選ばず、どんな悪路でも走破可能。これも戦場で道無き道を走ってきたウィリスの悪路走破性を引き継いだもの。これを現代では平和利用に転用し、多くの人がアウトドアの相棒として変わらずヘビーデューティな使い方を楽しんでいるのだ。

サスペンションはタイガーオートオリジナルのリフトアップコイルで純正よりも2インチ(約50㎜)リフトアップ。さらに大径のタイヤを装着することで純正よりかなり腰高な雰囲気になっている
正面から見ても直径37インチのマッドタイヤの存在感はバツグン。リフトアップと相まって車体下のクリアランスも十分確保されており、悪路の走破性は非常に高いことがわかる

軍用車のDNAを受け継いだ質実剛健な造りが魅力。

フェンダーはUS仕様のルビコン同様にフェンダー位置を高くできるタイガーオートのハイラインフェンダーに変更しているのがポイント。

キャリアに装着したARB社製のルーフトップテント。

サイドステップは、クリアランス確保のためパイプ付きのロックレールを装着。

バンパーは前後共US仕様のルビコン用。

マフラーはELFORD製でスクエアテールの左右4本出し。

ダッシュパネルが赤いのはRUBICONの特徴。

ホイールはBLACK RHINOのARSENALに37×12.5R17サイズのBFGoodrichM/Tをセット。

(出典/「Lightning2023年7月号 Vol.351」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部