最速の野生馬(マスタング)が2024年のレースに向けて登場。レースカーってやっぱりカッコいい。

  • 2023.07.04 2023.06.23

5年振りにフォードがGTカーを製作。フォードの代名詞的モデルであるマスタングをベースにしたマスタングGT3が登場した。FIAのGT3カテゴリーに準拠したパフォーマンスで、2024年のレースに参戦するという。マスタングが久しぶりにサーキットで躍動するというニュース。やっぱりレースカーってカッコいい。

2024年のレースからフォードの野生馬が参戦予定。

子どものころにミニカーで夢中で遊んでいたときも、気になる車種はレーシングカーだった。そのなかでもとくに気になったのはF-1などに代表されるフォーミュラカーではなく、市販車をベースにしたGTカー。

市販車をベースにしながらも、派手なカラーリングと低く身構えたフォルムのGTレースカーには別物のカッコよさがあった。大人になると、速く走ることだけに特化したスタイルや仕様という、いわゆる機能美に惹かれるように。何よりもプロスペックという響きがよろしい。

速そうなクルマ(このマスタングは実際に速い)って、クルマ好きでなくても、いつだって心惹かれるもの。

フォードが来年からレースに参戦するために生まれたマスタングGT3も、そんなレースカーらしい「速さを突き詰めた」特別なカッコ良さがある。

photo by Ford Motor Company

ベースとなるのは2024年式フォード・マスタング・ダークホース。市販車よりも大幅に張り出したボディは幅広のレーシングタイヤを収めるため。ボディ外装はオールカーボン製。車体にあるFPの文字は車両を製作するフォード・パフォーマンスの頭文字だ。車両は近年のフォードGTでも開発を担ったMultimatic社やM-Sport社と共同で開発されている。

photo by Ford Motor Company

一般道ではまったく必要の無い(笑)、巨大なリアウイングを装備。強烈なダウンフォースを生んでマシンを路面に食いつかせるというレースカーらしい大胆な仕様。それにしても大きい。

photo by Ford Motor Company

ヘッドライトの仕様など、顔つきは市販のマスタングとほぼ変わらないが、明らかにワイドになったフロントマスク。カーボン製のエアロパーツが巨大なベロのように付く。車高は専用のサスペンションを開発し、限界まで低くセッティングされる。

photo by Ford Motor Company

搭載するエンジンは自然吸気の5400ccのコヨーテV8(市販のマスタングは5000ccのコヨーテV8)をレースセッティングでチューニングしているが、まだその詳細は不明。カーボン製のインテークにフォード・パフォーマンスの文字が誇らしげに刻まれている。

photo by Ford Motor Company

ロールケージに囲まれたスパルタンなコクピット。車内もほぼカーボン製のパーツで構成され、とことん軽量化が図られている。シートもレカロ製のカーボンモデル。ステアリングに配置された無数のボタンが戦闘的で、現代レーシングカーならではの雰囲気。

photo by Ford Motor Company

リアのタイヤハウスも大幅に拡大されるが、リアデザインは市販車のイメージを残している。空力性能を最大限まで高めるためにセットされるリアのアンダースポイラーが、このクルマがレーシングカーだと教えてくれる。

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部