冬の日のレザーラバーに朗報! 革ジャン用の最適な着丈を持つロンT、あります。

  • 2022.11.04 2022.10.20
  •              

革ジャンラバーの頭を悩ます「インナーの着丈」問題を一挙に解決する、革ジャンのインナー用に開発されたTシャツ、それがハイウェイナインだ。レザー好きの間で人気沸騰中のハイウェイナインから、冬のレザーラバーのための強い味方、ロングスリーブが登場したぞ。これを着ないと、冬は越せないぜ!

▼春先などにはこちらの半そでTシャツがおすすめ! 1年を通してハイウェイナインは手放せない!

最適な着丈を持つ革ジャン用のTシャツ、あります。

最適な着丈を持つ革ジャン用のTシャツ、あります。

2022年04月06日

革ジャンラバーの必需品、それが【HIGHWAY NINE】

革ジャンのインナーとして開発され、絶妙な着丈を持つハイウェイナインから、冬に最適な長袖バージョンがリリースされた。

ハイウェイナインといえば、革ジャンインナーの黄金比「裾幅4㎝」を実現し、私モヒカン小川も絶賛愛用中。これ、本当に素晴らしい! 悩み続けた「インナー着丈問題」が、これ一枚で解決しちゃうんだから。

革ジャンインナーの黄金比、4cm を実現! 私モヒカン小川も愛用してます!

リブ素材仕様とハニカムサーマルの2種類があるが、何と言っても嬉しいのはどちらもUネックをラインナップしていること。私モヒ小川、ぶっちゃけUネックしか着ないのよね(笑)。首元が開いてる方がすっきりしてて俺の好み。革ジャンって実は防寒性が低いので、寒い冬には革ジャンの下にこのハイウェイナインのロンTを着て出かけるのが正解でしょ。

もちろん、フライトジャケットやデニムジャケットにもばっちり似合う最高の着丈なので、革ジャンを着ないという人にも、是非着てほしいな。

ロックなパッケージが革好きの心をくすぐるぜ!

【ラインナップ①】リブTシャツ

比較的厚めのリブ素材を採用し、伸縮性も高く体へのフィット感も抜群。シャツの下に着るのもアリだ。クルーネック、Uネック、Vネックがあり、それぞれホワイト・チャコール・ブラックの3色展開。

【CREW NECK】¥4,950 / WHITE
【U-NECK】¥4,950 / CHARCOAL
【V-NECK】¥4,950 / BLACK

【ラインナップ②】ハニカムサーマル

蜂の巣柄に編み込まれたサーマル素材を使用し、肌触りが非常にいいのが特徴。袖口はリブの編み立て仕様に。クルーネック、Uネック、ヘンリーネックが選べ、カラーはリブT同様の3色をラインナップ。

【CREW NECK】¥5,940 / WHITE
【U-NECK】¥5,940 / CHARCOAL
【HENRY-NECK】¥6,490 / BLACK

HIGHWAY NINE の着丈は最高だ!

CASE_1 TYPE G-1
CASE_2 J-100
CASE_3 ONESTAR

まずは、リブTシャツの場合。モヒカン小川の私物革ジャンとハイウェイナインを実際に合わせてみた。身長175㎝・体重72㎏のモヒ小川はリブTシャツのLサイズをチョイス。使用した革ジャンはバズリクソンズのG-1、BUCO J-100、ショット・ワンスター。どう? 最高の着丈じゃね?

CASE_1 TYPE G-1
CASE_2 J-100
CASE_3 ONESTAR

こちらはハニカムサーマル(Lサイズ)を革ジャンに合わせた写真。ハニカムサーマルは裾が切りっぱなしになっているため、リブTに比べて若干着丈が長いような感じがするが、実際に革ジャンに合わせてみると、ご覧の通りの“最適着丈” に。おすすめです!

こちらもおすすめ! コイツがあれば下半身もポカポカです。HIGHWAY NINEハニカム サーマルロングパンツ

WHITE
CHARCOAL
BLACK

ハイウェイナインからハニカムサーマルのインナーパンツがリリースされた。これは真冬に大活躍間違いなし! 足首はリブ素材で締まっているので風の侵入も防いでくれる。通気性も高くムレないのも嬉しい。6930円

こちらも気になる! 細身のデニムで、ロックなスタイルを演出せよ。

Tシャツのパッケージからもわかる通り、ハイウェイナインはロックテイストがお約束。クールな革ジャンを上半身に纏ったら、ボトムは新発売の細身のデニムでバシっとキメたい。ストレッチ素材で履き心地も最高だぜ。

STRETCH RED LINE STRAIGHT

USED WASH

ONE WASH

13.5ozのセルビッチ付きストレッチデニムを使用。シルエットはパイプドステム型で足長効果も抜群だ。フロントはWALDESの綿テープジッパーを採用した。ユーズドウォッシュ/ 2万5960円、ワンウォッシュ/ 1万8920円

STRETCH BLACK SKINY

USED WASH

やや細身のスキニーシルエットを持つロックな1本。13ozのホワイトデニムを硫化染めし、さらにユーズド加工を施したベースのホワイトデニムは経糸にストラクチャー糸を使用し絶妙なムラ感を醸し出す。1万9910円

STRETCH RED LINE BUSH STRAIGHT

ONE WASH

13.5ozのセルビッチ付きストレッチデニムを採用し、ややタイトなストレートシルエットを持つブッシュパンツ。革ジャンとの相性もばっちりだ。縫製は岡山県児島のヴィンテージ縫製工場で行っている。2万900円

全ラインナップはこちら

【問い合わせ】
マスファルト
TEL03-6383-4006
http://www.masphalto.jp/

(出典/「Lightning 2022年11月号 Vol.343」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア