旧きよきアメリカンクロージングの魅力を現在に。やっぱり、メイド・イン・U.S.A.!

  • 2022.06.09
  •              

日本を代表するセレクトショップであるビームス。数あるレーベルの中でもっともアメリカを感じさせてくれるのが、BEAMS PLUS(ビームス プラス)だ。現在ビームス プラスでディレクターを務める溝端さんに、アメリカ製品の魅力を聞いた。

「ビームス プラス」ディレクター・溝端秀基さん

1982年生まれ。大阪府出身。神戸芸術工科大学を卒業後、ビームス 梅田のスタッフに。その後、ビームス プラスのディレクターに就任。ディレクションの他にバイイングから別注まで行う。

IVY・SPORTS・MILITARY・WORKの4つは欠かせない。

「アメリカの魅力を考えた時にまず浮かんだのは、“メイド・イン・USA”。この響きが持つ魔力は、アメリカ好きであれば誰もが魅せられたことがあるでしょう。30代以上の方々は、特に憧れが強いと思います。その魅力を下の世代に伝えていくことも、ビームス プラスにとっては大事なことだと思うんです」

1950年代のチャンピオンのスポーツジャケット。「日焼けと変色がありますが、コットン地の状態が最高。この生地感をうまく再現したいです」

そう語るのは、ビームス プラスのディレクターを務める溝端さん。’99年にスタートしたビームスプラスは、“永年着られる飽きのこない本物の男服”がコンセプト。そうなるとアメリカンクロージングの根底にあるミリタリー、ワーク、スポーツ、そしてアイビーは欠かせない要素である。服好きが心躍る、ありそうでなかった理想の旧きよきアメリカを、モダンな感覚で表現している。

溝端さんが大きな影響を受けたラルフローレンのシャツ。「服のルーツを大事にしながらも、斬新な物を作るお手本のような存在です」

「旧きよきアメリカのプロダクトを紐解かないと、ビームス プラスが体現する世界観は作ることができません。だから資料が山のようにあるんです(笑)。ただ懐古主義に走ることはなく、今の感性や技術も大切にしています。例えばエルエルビーンの別注。今もメイド・イン・USAで生産されているアイテムだけを選んでいます。また展開するオリジナルに関しては、ヴィンテージの持つ風合いや生地感を表現していますが、当時のものをそのまま復刻するのではなく、今の技術や素材でどれだけ近づけるかを大事にしています」

溝端さんもDJを務めるStand.fm『All Night BEAMS+』の収録でも使っているアメリカのオーディオメーカー・SHUREのSM58とMV7
ハリウッドスターたちのIVYスタイルをフォーカスした写真集。「1955〜’65年のハリウッド俳優たちのトラッドスタイルが実に魅力的!」

ビームス プラスでそろう良質なアメリカンクロージング。

ビームス プラスで買える、今の感性を取り入れながらも旧きよきアメリカを感じさせるアイテムをピックアップして紹介。

ビームス プラスのワークシャツ

ビームス プラスのワークシャツは、溝端さんが所有する1960年代のヴィンテージなどをうまくサンプリングしている。1万9800円

デールホープのアーカイブを使用した別注アロハシャツ

ハワイ生まれハワイ育ちのデザイナーであるデールホープのアーカイブを使用する名物的な別注。今季は2色のカバラリ。価格未定

シエラデザインズ×ビームス プラスのマウンテンパーカー

ロング丈で別注した今シーズンのシエラデザインズ×ビームス プラスのマウンテンパーカー。撥水性のある2レイヤー生地。4万1800円

ランコートのベネシャンローファー

メイン州の名門であるランコートに別注したベネシャンローファー。クロムエクセルレザーにキャンプモックソールを組み合わせた。3万8500円

マドラスチェック風3ボタンジャケット

ヨコ糸にストレッチ性のあるソロテックスを使用した、天然調のドライタッチな質感に仕上げたマドラスチェック風の3ボタンジャケット。3万1900円

1960年代のウッドランド迷彩ジャケット

リップストップ生地に見えるが、実は超高性能なインクジェットで再現した3レイヤー。1960年代のウッドランド迷彩。6万3800円

ビームス プラス別注ビーンブーツ

3アイレット仕様のビーンブーツに、トートバッグに使うヘビーなキャンバスを落とし込んだビームス プラス別注。2万2000円

ボートアンドトート

1980年代のカラーリングをベースに十八番のディープボトムで別注したボートアンドトートは完売必至。1万3750円(M)、1万5950円(L)

【問い合わせ】
ビームス プラス 原宿
TEL03-3746-5851
www.beams.co.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年5月号 Vol.337」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア