男の部屋やガレージにはこれがいい。OBJJP ARCHITECTSのディフューザーポット

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は、アンティークのガラクタと洋服で埋もれた自室になんとかベッドを置くスペースを確保できないか思案中だが、やっぱりモノや家具を整理しないとダメかもと前途多難の予感しかない、編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

OBJJP ARCHITECTSのディフューザーポット

何てことない無垢の真鍮というソリッド感がよろしい。旋盤のみで削り出され、表面はヘアライン加工が施されている 日本の職人技を感じる佇まい。もちろん、そこそこ重いっていうのもうれしい。中身やリードは付属しない。サイズφ 55×60㎜、フタ穴 φ10㎜ 8200円

その存在を知ったのはおそらく何年も前に訪れた海外のショップだったようなうっすらとした記憶があるアロマディフューザーなる存在。これはアロマの入った瓶にリードと呼ばれるスティックを入れ、そのリードが吸い上げる香りを楽しむというモノ。気がつけば日本でも、おしゃれに気を使っている人のインテリアには必需品で、ちょっと感度が高そうに見えるインテリア雑貨のひとつ。

そんなアーバンなアイテムにめっぽう弱い私(笑)もすぐに飛びつこうと思ったんだけど、どうもしっくりくるものがない。香りからポットまでこだわっているブランドは価格もお高めでカジュアルに使えない。でもね。見つけてしまった。それもポットだけ。

OBJJP ARCHITECTSのディフューザーポットは真鍮を旋盤の削り出しのみで作ったという職人技を感じるソリッドな佇まい。無垢の真鍮なので、使い込めば経年変化し、緑青まで出てくるというし、真鍮の質感を楽しみたければ定期的に磨いてあげればいいという代物。ポットだけなので、中身はお気に入りのアロマをチョイスすればよし。この金属の塊的な佇まいは大好きなアンティークとも相性抜群だし、ガレージにもおすすすめ。これで私の部屋もちょっとだけ感度が高めなになったはず(笑)。

ポット部分の厚み は1㎜とかなりしっかりとしていて重 量感もあるのが男 臭くてこれまたうれしい。小振りなサイズなので、寝室やバスルームにももってこい
上部のフタとボディがピタッと合わさる精度の高さに惚れ惚れ。真鍮の鈍 い輝きは派手すぎず地味すぎないので部屋の中でも主張しすぎないのがこれまたうれしい

【問い合わせ】
OBJJP ARCHITECTS
https://objjp.stores.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年11月号 Vol.331」)