長渕アニキの名曲『JEEP』のように……幌を外したOh! My Jeepで海を見に行きたい!

長渕剛の『JEEP』をご存じだろうか?  1990年にリリースされた、全編アコギがメインの名曲だ。歌詞中には「俺は海を見に行くところ」とか「幌を外したジープ」の言葉が躍り、まさしく長渕アニキは、ジープを海グルマとして使っている(と思う)。

というわけで、ここでは長渕剛と4WDをこよなく愛する本誌モヒカン小川が、 ジープと長渕アニキへとの想いを、語り殺す!長渕風に言ってみました)

夜明け前の湾岸道路をぶっ飛ばすぜ!

長渕アニキに憧れ、三菱ジープに乗っていた私モヒカン小川。しかし、『JEEP』に出てくるジープとは、実はYJラングラーというのは、ファンには知られた話。

曲を聴いたことのない人のために歌詞の世界観をざっと説明すると、まず赤いジャンパーに着替えて夜明け前の湾岸を走り始め、出来たばかりの曲をカーステレオから流してたら海に到着して、ドライブインでコーヒー飲んでたらタバコが吸いたくなって、もう一度 自分を信じたくなる……というお話。実話を基にしたストーリーで、長渕さんが実際YJに乗っていたために(色はブラック)、出来た曲なのだ。

俺もそろそろ長渕さんと同じYJに乗りたいなーと思って探してみたところ、実は今、Y Jが思った以上にレア車になっていることが判明した。YJは、ラングラーの名が冠された初めてのモデルで、登場は1987年。前モデルであるCJに比べ、どことなく街乗り重視っぽい雰囲気になり、角目のヘッドライトに変更になったため、面構えががらりと変わってしまった。この角目フェイスが当時不評で、YJは「不人気車」の烙印を押されてしまったのだ。

あれから時が流れ、大学生だった俺は50に手の届く歳になり、なぜかYJの角目が逆にカッコよく見えてきた。このアクセル426YJ、きちんと幌も外せるし、長渕ファンならずともおすすめの海グルマなのだ。

1995 Jeep Wrangler

愛知県のアクセル426FOR SALEとなっているこのラングラーYJは、新車で日本に輸入されたディーラー車。ハードトップ車が多い中、ハーフドア&幌というワイルドな出で立ちが魅力。幌はSmittybilt社製の社外幌に交換済みで、フロント周りのブラとともにアメリカっぽさをしっかりと感じられる一台だ。走行距離は11万キロ強で、価格は128万円。

ホイールは純正の15インチスティール製をボディ同色でペイント。235/75サイズのBFGのマッドテレーンタイヤを履く。リフトアップしたりラージタイヤを履いていないのがアメリカっぽい!
エンジンはAMC製の4リッター直列6気筒にコラム3速ATの組み合わせ。XJチェロキーなどにも搭載されトルクフルで評判の良いユニットで、軽快なクルーズが可能だ
細かなゲージが並ぶクラシカルなダッシュ周り。ATのシフトレバーはコラムに、トランスファーレバーはフロアにそれぞれ備わる。クーラー装着車なので、 ダッシュ下に吹き出し口が備わる

長渕剛の『JEEP』感漂うドライブを演出するために用意したいもの。

歌い出しが「ワークブーツに履き替え、赤いジャンパー引っ掛け~」 ということで、気分を高めるにはこの2つが必須。レザー好きのモヒカン小川は、赤いショット・ワンスターをチョイス。これにサングラスでもあれば、アナタも長渕アニキ!


「ワークブーツに履き替え」るところがポイント。出来れば、ワークブーツ以外の革靴などから、是非とも履き替えたい。モヒ小川は、ウエスコのジョブマスターに履き替えた。

【DATA】
アクセル 4 2 6
TEL0566-92-6526
https://www.accel426.jp

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年7月号Vol.327」)