長渕アニキの名曲『JEEP』のように……幌を外したOh! My Jeepで海を見に行きたい!

  • 2022.05.10 2022.01.18
  •              

長渕剛の『JEEP』をご存じだろうか?  1990年にリリースされた、全編アコギがメインの名曲だ。歌詞中には「俺は海を見に行くところ」とか「幌を外したジープ」の言葉が躍り、まさしく長渕アニキは、ジープを海グルマとして使っている(と思う)。

というわけで、ここでは長渕剛と4WDをこよなく愛する本誌モヒカン小川が、 ジープと長渕アニキへとの想いを、語り殺す!長渕風に言ってみました)

夜明け前の湾岸道路をぶっ飛ばすぜ!

長渕アニキに憧れ、三菱ジープに乗っていた私モヒカン小川。しかし、『JEEP』に出てくるジープとは、実はYJラングラーというのは、ファンには知られた話。

曲を聴いたことのない人のために歌詞の世界観をざっと説明すると、まず赤いジャンパーに着替えて夜明け前の湾岸を走り始め、出来たばかりの曲をカーステレオから流してたら海に到着して、ドライブインでコーヒー飲んでたらタバコが吸いたくなって、もう一度 自分を信じたくなる……というお話。実話を基にしたストーリーで、長渕さんが実際YJに乗っていたために(色はブラック)、出来た曲なのだ。

俺もそろそろ長渕さんと同じYJに乗りたいなーと思って探してみたところ、実は今、Y Jが思った以上にレア車になっていることが判明した。YJは、ラングラーの名が冠された初めてのモデルで、登場は1987年。前モデルであるCJに比べ、どことなく街乗り重視っぽい雰囲気になり、角目のヘッドライトに変更になったため、面構えががらりと変わってしまった。この角目フェイスが当時不評で、YJは「不人気車」の烙印を押されてしまったのだ。

あれから時が流れ、大学生だった俺は50に手の届く歳になり、なぜかYJの角目が逆にカッコよく見えてきた。このアクセル426YJ、きちんと幌も外せるし、長渕ファンならずともおすすめの海グルマなのだ。

1995 Jeep Wrangler

愛知県のアクセル426FOR SALEとなっているこのラングラーYJは、新車で日本に輸入されたディーラー車。ハードトップ車が多い中、ハーフドア&幌というワイルドな出で立ちが魅力。幌はSmittybilt社製の社外幌に交換済みで、フロント周りのブラとともにアメリカっぽさをしっかりと感じられる一台だ。走行距離は11万キロ強で、価格は128万円。

ホイールは純正の15インチスティール製をボディ同色でペイント。235/75サイズのBFGのマッドテレーンタイヤを履く。リフトアップしたりラージタイヤを履いていないのがアメリカっぽい!
エンジンはAMC製の4リッター直列6気筒にコラム3速ATの組み合わせ。XJチェロキーなどにも搭載されトルクフルで評判の良いユニットで、軽快なクルーズが可能だ
細かなゲージが並ぶクラシカルなダッシュ周り。ATのシフトレバーはコラムに、トランスファーレバーはフロアにそれぞれ備わる。クーラー装着車なので、 ダッシュ下に吹き出し口が備わる

長渕剛の『JEEP』感漂うドライブを演出するために用意したいもの。

歌い出しが「ワークブーツに履き替え、赤いジャンパー引っ掛け~」 ということで、気分を高めるにはこの2つが必須。レザー好きのモヒカン小川は、赤いショット・ワンスターをチョイス。これにサングラスでもあれば、アナタも長渕アニキ!


「ワークブーツに履き替え」るところがポイント。出来れば、ワークブーツ以外の革靴などから、是非とも履き替えたい。モヒ小川は、ウエスコのジョブマスターに履き替えた。

【DATA】
アクセル 4 2 6
TEL0566-92-6526
https://www.accel426.jp

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年7月号Vol.327」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア