アメリカ顔のトヨタRAV4は、カスタムがよく似合う。

日本で大ヒットしているトヨタRAV4ではあるが、実はアメリカのマーケットをメインにつくられた。それを証拠に先代は日本では販売されず北米で売られ人気モノに。そこで現行型もアメリカンなテイストで仕上げられた。が、それを見てこれは日本でもイケるかもと言うことで、国内販売に至ったらしい。

特徴はワイルドなフォルムで、クロスオーバー的SUVが全盛の中まったく異なる装いに。なだらかなフォルムのSUVクーペ系とは真逆だ。言うなればオフローダー、クロカン、いやいや日本流で言えばRVといったところ。要するに骨太だ。と言うことで、最大限にカスタムするとこんな感じ。かなりワイルドな素性の持ち主である。

マットなカラーのアーバンオフローダー。その細部をチェック!

通常トヨタマークがセンターに付くグリルだが、ここはタコマやタンドラのようにTOYOTAエンブレムに変更。ここもこだわりのポイント。タコマから移植しワンオフで製作している。

北米仕様の逆輸入車なので当然左ハンドル。でもってサウンドシステムはJBLが装備される。ただナビやラジオは使えないので、エンタメはBluetoothのみとなる。

ホイールはMLJのXJ04、色はボディに合わせサテンブラックに。サイズは16インチ。タイヤはBFグッドリッチのオールテレイン。見た目以上に乗り心地は良いぞ。

グレードは北米のアドベンチャー。でもってエンジンは直4ユニットだが、日本では2リッターを搭載するところ北米仕様は2.5リッターになる。

リアエンドには赤いヒッチメンバーが取り付けられる。マットグリーンとマットブラックで統一しながらアクセントに赤を取り入れたのがミソ。

ルーフラックのフォグランプはLED。もちろんイマドキはそうなる。が、流行の長方形ではなくあえて丸型に。’80年代のカスタムをイメージ。

エンジンフードとフロントウィンドーの間にはキュービック型LEDを設置。手で角度を変えられるのがポイント。フォグランプは全部で9灯装備。

モータージャーナリストも太鼓判。「カスタムしたらさらに魅力的になるクルマです」

モータージャーナリスト・九島辰也さん|学生時代は4WD車専門誌でアルバイトしていたヨンク好き。その経験を生かし雑誌『アメリカンSUV』の編集長もしていた。業界ではジープ好きとしても広く知られている

「新型RAV4を見たとき、これはアメリカンだなと思いました。世の中のSUVが乗用車的になっているのにそうじゃなかったからです。で、これをカスタムしたいと思い、まずはベース車から探しました。すると2万キロ走った左ハンドルを国内でゲットすることができました。それからは頭の中のイメージをイラストにし、ショップと打ち合わせを繰り返しました。お世話になったのは名古屋のWHAコーポレーション。20年来の知り合いでアメリカンSUVに長けているショップです。ほぼほぼ仕上げて関東へ。構造変更の申請とタイヤ&ホイールの相談に乗ってくれたのは、東京大田区のリンエイと埼玉のタイガーオート。皆さんのご協力のもと、構想から8カ月で完成。マットグリーンも大満足です」

(出典/「Lightning 2021年6月号 Vol.326」)