夏の定番・柄シャツに注目!テキスタイルデザインで選ぶ「HOUSTON」のオープンカラーシャツ。

最終更新日 2021.10.24 公開日 2021.05.31

1970年代に国産初のフライトジャケットを生み出すなど、アメカジシーンの老舗ブランドである「ヒューストン」。ミリタリープロダクツに強い同ブランドだが、盛夏に向けたアロハシャツやボーリングシャツといった、オープンカラーシャツも充実しているのはご存知だろうか? そんなわけで今夏に向けたおすすめの柄シャツを、テキスタイルデザイン別にピックアップ。気分に合わせて選ぶシャツは、どの柄がいい?

爽やかに着こなせる「単色トロピカル柄シャツ」。

今夏の注目デザインのひとつであるトロピカル調の柄シャツ。リゾート感たっぷりの意匠をオールオーバーパターン(総柄)にて再現した、ヒューストンの新作。シンプルなホワイトボディにインディゴ抜染調プリントにて柄を表現した単色使いなので、爽やかな印象を受ける。左はアロハシャツの中でも有名なモチーフであるパイナップル柄、右は草花をモチーフとする更紗柄となっている。カラバリにてそれぞれネイビーカラーも展開される。

Item_40821 (Left / PINEAPPLE)
Color_WHITE, NAVY
Size_M / L /XL
Price_\9,790

Item_40823(Right / CHINTZ)
Color_WHITE, NAVY
Size_M / L /XL
Price_\9,790

ここがポイント!

更紗は本来インド起源の柄を指すが、英訳するとCHINTZ(チンツ)に相当する。紋様を染め抜いた意匠となっており、不均一ながらバランスの取れた優しい柄となるのが特徴。オリエンタルテイストな着こなしが楽しめそうだ。

ここがポイント!

リゾートの果物といえばパイナップル。その意匠をインディゴ抜染した際の、微妙な擦れ具合までをプリントにて表現させたアロハシャツ。トロピカルテイストな柄なので、夏真っ盛りのリゾートウエアとして重宝するはず。

大人のリゾートスタイルは、「酒とタバコ」柄で自己主張する!

真夏のリゾートに遊びに行くと仮定する。観光名所を巡って楽しむのもいいけれど、大人の自覚がある読者諸兄には、リゾート地で味わう「酒とタバコ」で、日常からの解放を体験してもらいたい。夜の繁華街で遊ぶ時の気分を盛り上げてくれる、「酒とタバコ」モチーフの柄シャツである。このアクの強い艶感がたまらない!

Item_40820(Left / BEER)
Color_OLIVE, BLACK
Size_M / L /XL
Price_\9,790

Item_40818(Right / TOBACCO)
Color_PINK, WHITE, BLUE
Size_M / L /XL
Price_\9,790

ここがポイント!

コロナビールを筆頭に、リゾート地で楽しめそうな色鮮やかなビール瓶をデザイン。フロント側はビールのラベルだが、バック側では表情が異なり、しっかりビール瓶の裏ラベルもプリントされているのがユニークだ。

ここがポイント!

タバコはかつて男の嗜みで、パーティーなど人と集った際はスモーキングルームにて、スモークジャケットとアルコールをお供にタバコを楽しみながら語りあっていた。そんなアーリーセンチュリーを彷彿させるタバコパッケージが秀逸である。

テキスタイルデザインの王道、「‘50sテイスト」の柄シャツ。

ゴールデンエイジと呼ばれる、世界大戦での戦勝国として栄華を誇っていた1950年代のアメリカ。華開いた若者文化のひとつであるファッションカルチャーにて、その時代性を取り入れた、現代まで通ずる秀逸なテキスタイルデザインが多く誕生している。有名なものでいえばアトミックやスペースエイジと呼ばれる意匠。核や宇宙開発に沸いた時代ならではのデザインだ。また日本の絣(かすり)模様を彷彿させる幾何学模様もこの時代ならでのテキスタイルと言える。

Item_40824(Left / SPACE)
Color_BLUE, BLACK
Size_M / L /XL
Price_\9,790

Item_40817(Right / KASURI)
Color_OLIVE, BLACK
Size_M / L /XL
Price_\9,790

ここがポイント!

日本の織物技法である「絣(かすり)」をプリントで表現。細かい織りの表情もしっかりと再現している。シンプルな幾何学模様は着こなしに取り入れやすい。

ここがポイント!

宇宙開発競争が始まった1950年代らしいスペーシーなモチーフ。夜空の星にロマンを馳せた人々の情景までを彷彿とさせるテキスタイルデザインだ。

存在感たっぷりな「オールーオーバー」デザイン。

日本では総柄と呼ばれるオールオーバーデザイン。存在感たっぷりなテキスタイルが魅力である。ヒューストンの新作から登場するのは、ランダムに組んだパッチワーク調のバンダナ柄と、スポーツフィッシングの獲物であるカジキマグロといった魚拓柄(?)の2アイテム。涼しげなショーツスタイルのアクセントとして取り入れるといい感じ!

Item_40822(Left / BILLFISH)
Color_NAVY, WHITE
Size_M / L /XL
Price_\9,790

Item_40816(Right / BANDANA)
Color_BLACK, NAVY
Size_M / L /XL
Price_\9,790

ここがポイント!

ペイズリーを基調とするバンダナ模様をランダムにパッチーワークデザインされたバンダナ柄。ストリートライクな着こなしや、淡いインディゴのダメージジーンズに似合う。

ここがポイント!

フィッシング好きにはたまらない魚拓柄デザイン。カジキマグロを始めとする4種類の魚拓を配して、マリンテイストなオールーオーバーデザインに仕上げている。

リアルアメカジ世代に刺さる「ボーリングシャツ」の刺繍。

1950年代のアメリカで大ブームとなったボーリング。そのスポーツウエアとして誕生したシャツであったが、同じくブームとなったロックンロールなどと相まって、ファッションアイコンとして取り入れられた。大胆な色使いとオリジナルデザインの刺繍が特徴で、襟元は大きく開き、涼しげな印象があるオープンカラーなので、暑い夏場にぴったりなアイテムとなっている。

Item_40829 (Left / ALLEY CATS)
Color_PINK, WHITE, BLACK
Size_M / L /XL
Price_\9,790

Item_40825 (Right / BEER)
Color_BLACK, WHITE, MUSTARD
Size_M / L /XL
Price_\9,790

ここがポイント!

ボーリングらしいデザインといえば、背面に施される個性的な刺繍。チーム名や企業ロゴなどその意匠は様々。‘50sテイスト溢れる男らしい印象だ。

ここがポイント!

ボーリングシャツには他にもユーザーネームが胸元に刺繍されていたり、ボタンがボーリングピンを模したものになっていたりと、見どころ満載。

アメカジらしさをしっかりと押さえた幅広いラインナップで展開される、ヒューストンのオープンカラーシャツ。コスパにも優れた個性的なデザインなので、着回し用に何点でも集めやすい。今夏のスタイリングにぜひ取り入れてみては?

【問い合わせ】
ヒューストン(ユニオンネットストア)
TEL048-643-5110
HOUSTON BOOK  http://www.houston-book.com

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。