スケートボード愛がたっぷり詰まった、スケートボードのインテリア。

最終更新日 2021.10.18 公開日 2021.07.27

大田区の大森駅にて「FiftyFifty Skateboard Shop」を運営する冨田“カレー”誠さん。そのキャッチーなニックネームが表すように、店内には愉快なスケートボードインテリアがぎっしり。そこには自身の“スケートボード愛”が存分に詰まっていた。

スケートボードのプロショップ「5050」にようこそ!

カレーさんはスケートショップのオーナーである以前に、スケート歴30年以上の生粋のスケートボーダー。コンテストのジャッジも務めるなど、 シーンの底上げに貢献している人物だ

中学生の頃にスナック菓子カールのカレー味を食べながらローカルスポットに赴いたことがきっかけで、カレーというキャッチーなニックネームがついた冨田さんが営む「5050」は、東京は城南地域のシーンを支えるプロショップ。

だが、今回はギアではなく、脇から固めるインテリアのお話。

「とにかく自分は身の回りのものは何でもスケートボードにしかったんです。家具やインテリアまでスケートボードにしたいって気持ち、スケーターならわかってくれるんじゃないかな。テーブルにしても椅子にしても、偶然見つけたものや手に入れたものばかりなんですが、どれもスケートボードだったら面白いなってところから来ていて、だったら自分で作っちゃえ! って感じででやってたら自然と数が増えていきました」

そうして造りあげたものには、どれもスケーターならではのアイデンティティが詰まっている。

「椅子ひとつをとっても、ちょうどお尻がはまるところにキック(デッキの前後の反り上がり部分)を持ってきたりとか、スケートボードの形状を活かした造りになっているんです。他にもデッキのスライド痕が芸術だと思ったら真っ白いデッキを何枚も並べてテーブルにしたりとか、スケート好きならば、なるほど! と思ってくれる要素が詰まっていますね」

オーナーご自慢のかわい子ちゃんがズラリ。

スケートボードの椅子が欲しいなと思いたち、すぐさまデッキを鉄筋の溶接加工場まで持っていき加工した思い出の逸品。デッキはSFの大手ディストリビューター、DLX社の記念モデル。

実はこの椅子、本誌の2008年4月号にも登場している。現在の場所に移転する以前の5050にてカウンターの椅子として使用していた(写真左上)。

Rootsの初期型デッキと’80年代のSantacruz のヴィンテージデッキを組み合わせたスケートボードチェアは、常に古いものには触れていたいと製作、骨組みは市販されていたものだが、現在は販売されていない。

ホームセンターで偶然見つけた折りたたみ椅子の幅が、デッキサイズだっため加工して座面に取り付け。取っ手をつけたのは、カスタムビルドデッキを製作するWooden Toyの大場さん譲りとのこと。

元々は近所から譲り受けた昔の古いテーブル。このように脚の細いテーブルは珍しいので、いただいた瞬間にデッキを取り付けようと思ったそう。座面のデッキは原板から切り出して製作したD.I.Y.。

元はフジローラーサイクルのラックルという商品。古いものを偶然いただいたことを機にトラックをIndependentの215にチェンジ。ステッカーを貼ったりチェーンを替えたりしてレストアした。

5050ライダーである小林幹夫さんが製作したドア。カレーさんが設計し、素地で収めてもらったものを塗装している。「5050」の2号目のお店のドアに使用していた。取っ手がデッキになっているところがポイントだ

「FIFTY FIFTY SKATEBOARD SHOP」とは?

東京・大森の地で15年以上にわたり営業を続ける、東京は城南地区を代表するスケートボードプロショップ。近隣の城南島海浜公園や八潮北公園スケートパークの建設にも尽力し、スケートスクールも運営。ローカルシーンの底上げに多大な貢献をしている。

チルスペースとして活用しているのテラスのテーブルは、お客さんでもある友人のタクちゃんのデッキを繋ぎ合わせて製作。毎回真っ白のデッキに乗っていたため、その削れ方が芸術だと感じ、テーブルに応用することを思いついたそう。もちろん本人のサイン入り。

【DATA】
FIFTY FIFTY SKATEBOARD SHOP
東京都大田区西糀谷4‐13‐20※現在の住所
TEL03-3766-7643
https://fiftyfifty.stores.jp/
http://ameblo.jp/skateboardlife

※取材時の店舗より移転しているため外観、内観ともに現在とは異なります。

いろいろとスケートボード文化に触れることもできるので、最新ギアをチェックしがてら、チルしに行ってみてはいかが?

(出典/「Lightning 2019年5月号 Vol.301」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。