スケートボード愛がたっぷり詰まった、スケートボードのインテリア。

大田区の大森駅にて「FiftyFifty Skateboard Shop」を運営する冨田“カレー”誠さん。そのキャッチーなニックネームが表すように、店内には愉快なスケートボードインテリアがぎっしり。そこには自身の“スケートボード愛”が存分に詰まっていた。

スケートボードのプロショップ「5050」にようこそ!

カレーさんはスケートショップのオーナーである以前に、スケート歴30年以上の生粋のスケートボーダー。コンテストのジャッジも務めるなど、 シーンの底上げに貢献している人物だ

中学生の頃にスナック菓子カールのカレー味を食べながらローカルスポットに赴いたことがきっかけで、カレーというキャッチーなニックネームがついた冨田さんが営む「5050」は、東京は城南地域のシーンを支えるプロショップ。

だが、今回はギアではなく、脇から固めるインテリアのお話。

「とにかく自分は身の回りのものは何でもスケートボードにしかったんです。家具やインテリアまでスケートボードにしたいって気持ち、スケーターならわかってくれるんじゃないかな。テーブルにしても椅子にしても、偶然見つけたものや手に入れたものばかりなんですが、どれもスケートボードだったら面白いなってところから来ていて、だったら自分で作っちゃえ! って感じででやってたら自然と数が増えていきました」

そうして造りあげたものには、どれもスケーターならではのアイデンティティが詰まっている。

「椅子ひとつをとっても、ちょうどお尻がはまるところにキック(デッキの前後の反り上がり部分)を持ってきたりとか、スケートボードの形状を活かした造りになっているんです。他にもデッキのスライド痕が芸術だと思ったら真っ白いデッキを何枚も並べてテーブルにしたりとか、スケート好きならば、なるほど! と思ってくれる要素が詰まっていますね」

オーナーご自慢のかわい子ちゃんがズラリ。

スケートボードの椅子が欲しいなと思いたち、すぐさまデッキを鉄筋の溶接加工場まで持っていき加工した思い出の逸品。デッキはSFの大手ディストリビューター、DLX社の記念モデル。

実はこの椅子、本誌の2008年4月号にも登場している。現在の場所に移転する以前の5050にてカウンターの椅子として使用していた(写真左上)。

Rootsの初期型デッキと’80年代のSantacruz のヴィンテージデッキを組み合わせたスケートボードチェアは、常に古いものには触れていたいと製作、骨組みは市販されていたものだが、現在は販売されていない。

ホームセンターで偶然見つけた折りたたみ椅子の幅が、デッキサイズだっため加工して座面に取り付け。取っ手をつけたのは、カスタムビルドデッキを製作するWooden Toyの大場さん譲りとのこと。

元々は近所から譲り受けた昔の古いテーブル。このように脚の細いテーブルは珍しいので、いただいた瞬間にデッキを取り付けようと思ったそう。座面のデッキは原板から切り出して製作したD.I.Y.。

元はフジローラーサイクルのラックルという商品。古いものを偶然いただいたことを機にトラックをIndependentの215にチェンジ。ステッカーを貼ったりチェーンを替えたりしてレストアした。

5050ライダーである小林幹夫さんが製作したドア。カレーさんが設計し、素地で収めてもらったものを塗装している。「5050」の2号目のお店のドアに使用していた。取っ手がデッキになっているところがポイントだ

「FIFTY FIFTY SKATEBOARD SHOP」とは?

東京・大森の地で15年以上にわたり営業を続ける、東京は城南地区を代表するスケートボードプロショップ。近隣の城南島海浜公園や八潮北公園スケートパークの建設にも尽力し、スケートスクールも運営。ローカルシーンの底上げに多大な貢献をしている。

チルスペースとして活用しているのテラスのテーブルは、お客さんでもある友人のタクちゃんのデッキを繋ぎ合わせて製作。毎回真っ白のデッキに乗っていたため、その削れ方が芸術だと感じ、テーブルに応用することを思いついたそう。もちろん本人のサイン入り。

【DATA】
FIFTY FIFTY SKATEBOARD SHOP
東京都大田区西糀谷4‐13‐20※現在の住所
TEL03-3766-7643
https://fiftyfifty.stores.jp/
http://ameblo.jp/skateboardlife

※取材時の店舗より移転しているため外観、内観ともに現在とは異なります。

いろいろとスケートボード文化に触れることもできるので、最新ギアをチェックしがてら、チルしに行ってみてはいかが?

(出典/「Lightning 2019年5月号 Vol.301」)