話題のスポット “東京ミズマチ”に「デウス エクス マキナ」がやってきた!

  • 2021.10.24  2020.11.02

モータサイクルやサーフィンといったカルチャーをクロスオーバーさせたスタイルを提案する「デウス エクス マキナ」。今年の3月まで原宿に店舗を構えていたが、6月からは浅草に移転したことで話題だ。そんな同店の新たな拠点は、いま人気のスポットとして各メディアを賑わせている商業施設「東京ミズマチ」に入る。抜群のロケーションに佇む新店舗へ、さっそく足を運んでみた!

どことなく和を感じさせる浅草のデウスエクスマキナ!

隅田川に流れ込む北十間川沿いに建つ東京ミズマチ。原宿とはまた違った雰囲気を醸し出す「デウス エクス マキナ」の外観。周囲を歩く人も、カップルやおひとり様だけでなくファミリーも多い。

川の反対側は、東京ミズマチに合わせてリニューアルされた隅田公園。店舗からはスカイツリー、川も眺められるグッドロケーションだ。

そんなデウス エクス マキナの新たな店内は、随所に赤を使っているため、浅草エリアならではの、どこか日本的な印象を受ける。またカフェスペースは今まで通りコーヒーやビールなども楽しめ、さらに平日はフードとドリンクがセットになったランチメニューも提供し、今後はサマースイーツとして自家製プリンやクッキー、シェイクなども登場する予定となっている。ちなみに後ろの壁に飾っているアートも購入可能だ。

前店舗の看板メニューだった「BBQ PULLED PORK(1300円)」も健在! ラテアートが描かれた「DEUS LATTE(600円)」と一緒にオーダーしたいところ。今回は特別にLightningの文字を描いていただいた!

そしてこちらが浅草店の新メニューとして登場した「SPICY PORK RICE(1400円)」。ジャスミンライスに豚肉と季節の野菜を盛り合わせたプレート。ビールが合うので、ぜひ味わってみてほしい。

カフェのお次は、ショップスペースを拝見!

原宿時代同様に、店舗の半分はカスタムバイクやサーフィン、アパレルといったオリジナル商品などを販売する空間となっており、デウスの世界感を存分に味わえる。中央に置かれたバイクをはじめ店内に置かれた車両は販売もしているので気になる人は、ぜひ問い合わせてみて!

下町情緒あふれる浅草エリアだけに、店舗限定の法被(7700円)も発売。背中には「珈琲」の文字が大きくレイアウトされる。

ヴィンテージヘルメットやグローブなど感度の高いバイクギアがズラリ。また人気の高いロゴTシャツもバリエーション豊富に展開しているので要チェック!

浅草店限定のアイテムとして、オリジナルのマグカップ(3080円)やコーヒー豆(1900円)、ビール(1200円)が販売中。お土産としても喜ばれるため、ぜひ買って帰りたい。

オープンテラスもあるので、今の時期は安心して飲食ができ買い物ついでにぜひのんびり過ごしたい。浅草寺やスカイツリーといった観光地からもほど近く、隅田公園にも隣接しているため、ゆっくりと訪れるには最適なスポットである。

(出典/「Lightning 2020年9月号 Vol.317」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部