インダストリアルデザインなボルトラックをアイアンワイヤーで作ってみよう。

最終更新日 2021.10.21 公開日 2021.09.22

いまもなお根強い人気のインダストリアル系インテリア。それに伴って、銀色しかなかったパーツにブラックが登場するなど、塗装をしなくてもいい雰囲気のインダストリアル系インテリアが気軽に作れるようになった。

  • 【仕様】
    ■サイズ/約W600×H980×D180㎜
    ■所要時間/約2時間
    ■材料費目安/約8000円(購入先によって金額は変わります)
    ■難易度/★★☆☆☆(2人で行ったほうがスムーズ)

そこで、今回はブラックの全ネジを使ったボルトラックを制作してみる。いかにもパーツっぽい全ネジをラックの支柱に使い、古材テイストに仕上げた板を組み合わせることで、男らしくざっくりとした仕上がりになる。このラックのよいところは全ネジを使っているので、好きな場所に棚を付けられること。しかも、あとからいくらでも高さを変更できるので、置きたいものの高さが変わっても、簡単に調整できる。

今回最も気を付けるべきは板の開ける四隅の穴の位置。まったく同じ位置でないと、全ネジを通したときに全体が歪んでしまうので要注意だ。

【今回教えてくれた先生は……】
DIYer(s) http://diyers.co.jp
DIYに特化したWEBサービス「DIYer (s)」。ショップの紹介やオリジナルDIYレシピを世界に発信&アーカイブしている。またDIYを通して暮らしを豊かにし、モノの価値を見直すことを提案。

まずは、準備するものをご紹介。

1×8材

今回は3段の棚を制作するので、600㎜にカットした1×8材を3枚用意。設置したい棚の数だけ用意してOK。約1200円

全ネジ

全体がネジになっているネジで、ラックの支柱となる部分。980㎜の長さのものを4本用意。各約350円

各ナットと座金

設置する棚の数によって容易する個数は変わる。今回作る3段の場合下記個数準備しよう。

1.アイナット2個(各約200円)

2.袋ナット2個(各約200円)

3.高ナット4個(各約160円)

4.座金24個(各約100円・4枚入)

5.六角ナット16個(各約100円・4個入)

アルファベットスタンプ

好みに応じてスタンプやステンシルを施せば、よりインダストリアル調の仕上がりになる。

オールドウッドワックス

木材を古材風に仕上げるワックス。一塗りするだけでも、簡単に使い込んだ感を出せるDIYの定番品。約3000円

今回使った道具はこちら!

電動サンダー

木材をサンディングするときに使用する電動サンダー。表面を滑らかにすると同時に、ワックスを染み込みやすくするDIYの必需品。

電動ドリル

木材に全ネジを通すために穴を開けるために使用。今回M10の全ネジを使うので、ドリルビットもM10のものを用意しておこう。

ラバーハンマー

全ネジに木材をはめ込むときにあると便利。穴と全ネジのサイズがぴったりなので、木材の四隅を軽く叩きながら定位置に設置する。

レンチ

棚の位置を六角ナットで挟み込みしっかりと固定する際に使用。締緩作業が簡単にできるので、ひとつあると何かと便利なツールだ。

早速やってみよう!高さを自由に変えられるから、様々な使い方ができる。

1.穴を開ける場所を決める。

1×8材の四隅に穴を開ける。目安は端から25×25㎜。

M10のドリルビットをセットして、印を付けた箇所に穴を開ける。

2.クランプで木材を固定する。

1枚目の板に穴を開けたら、2枚をぴったりと重ねる。クランプで机と板を固定すると、作業がしやすくなる。

3.全ネジが入るか確認する。

3枚目も同じように四隅に穴を開けたら、4本の全ネジが木材に通るか一度確認してみよう。

4.サンディングする。

全ネジが通ったことを確認したら、木材の表面と穴を開けてザラザラになった部分をサンディングしてきれいにする。

5.ワックスを塗布する。

サンディングしたら、オールドウッドワックスを少しずつ塗り、ウエスを使って余分なワックスを拭き取り乾燥させる。

6.一段目をセットしていく。

ワックスが乾いたら、まず一番下の段からセットしていく。穴に座金を合わせ六角ナットをはめた全ネジを板に通す。

全ネジを通したら、先端に高ナットをセットして脚を作りしっかりと固定する。これを4本分行う。

一番下の段をセットして固定した状態。全ネジが長いので、穴に通すとき2人で行った方が効率よく作業できる。

7.2段目をセットする。

2段目の位置を決める。今回は下から450㎜の箇所にマスキングテープで印をつけ、六角ナットと座金をセットする。

マスキングテープによって同じ位置につけやすくなる。

2段目を全ネジに通す。ゴムハンマーで軽く叩きながら少しずつ通していくのがおすすめだ。

全ネジに座金、六角ナットの順に通して、板をしっかりと固定する。固定できたらマスキングテープをはがす。

8.天板を取り付ける。

トップ面をセットする。今回は2段目から420㎜のところにマスキングテープを貼り、先ほどと同じ手順でセットする。

トップは飾り用に袋ナットとアイナットを使用。

レンチを使ってしっかり固定すればラックの完成!

完成!

お店で売っているようなボルトラックがこんな簡単に完成! 板の枚数を増やしたり、色をペイントしても、スタンプでアレンジを加えても◎。活用方法も無限大だ。

(出典/「Lightning 2020年2月号 Vol.310」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。