レッド・ウィングRED WINGの定番「エンジニア」ってどんなブーツ?

レッド・ウィングのヘビーデューティの思想が詰まったロングセラー、「エンジニアブーツ」。現在に至るまで幅広い年代に愛されてきた不朽の名作だ。長きにわたり変わらない普遍的なデザインはオリジンと呼ぶに相応しく、そんな「エンジニア」の魅力と種類、ファッション通のコーディネイトまでお届けする。

1930年代に誕生した、ヘビーデューティの思想が詰まったロングセラーモデル。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、国中に発達した鉄道網がアメリカの発展を加速した。そこで活躍した鉄道機関士の過酷かつ危険な仕事を支えるために作り出されたのがこのエンジニアブーツだ。

アンクルを確実にホールドする極太のベルト、レッド・ウィングが採用し急速に普及した衝撃から足元を守る肉厚のスティール・トゥ、そしてフィールドに合わせて選択可能なソール。世界中でエンジニアの足元を支えてきたレッド・ウィングのエンジニアには、細部に至るまでヘビーデューティの思想が行き届いている。

では、このエンジニアブーツのバリエーションを見ていこう。

1.11” Engineer Boots(Steel-toe) 2268

「2268」は、エンジニア初挑戦の人はもちろん、10年以上ブーツを履いてきた玄人まで対応してくれる懐の深さがキングオブエンジニアブーツと言われる所以。レッド・ウイング史上の傑作中の傑作だ。スティール・トゥを備え、1961年に誕生して以来何度かマイナーチェンジを繰り返して、現在も販売されているロングセラーブーツとなっている。

  • レザー:ブラック「クローム」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

2.11” Engineer Boots(Steel-toe)- Stovepipe 9268

11” Engineer Boots(Steel-toe)- Stovepipe 9268

茶芯の経年変化が楽しめる、レッド・ウィングを代表する人気エンジニア。1980〜’90年代のレッド・ウィング「2268」は茶芯のブラックレザーと、足首部分が細く設計された筒を持ち、ヴィンテージ市場でも人気が高い。度々マイナーチェンジをしてきた「2268」の、その当時のディテールを再現した、より伝統的なエンジニアブーツがこれである。プレス製法でつくられるバックルも再現されている。

  • レザー:ブラック「クロンダイク」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

ちなみに、経年変化すると・・・

いい味出てます。

3.11” Engineer Boots(Non Steel-toe)- Stovepipe 2966

スティール・トゥを排除した洗練された面構えの茶芯モデルが「2966」になる。上のエンジニアブーツ「9268」のつま先に入れられているスティール製の先芯を入れずに柔らかい樹脂製の先芯を入れたモデル。先芯が柔らかい分、履きやすさが増している。同じラストでつくられているが、先芯が違うためつま先のボリュームが抑えられ、スマートな外観に。

  • レザー:ブラック「クロンダイク」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

ちなみに、経年変化すると・・・

こちらもいい味出てます。

4.11” Engineer Boots(Steel-toe) 8268

「2268」のレザーをベージュのラフアウトレザーに変更したのがこの「8268」。1990年代初めに登場し、その後、経年変化の楽しみが広がる一足として、マイナーチェンジしつつロングセラーとなっている。このラフアウトレザーを使い、特に人気の高かった1990年代の「8268」を復刻したものが、「9269」にあたる。

  • レザー:ホーソーン「アビレーン」ラフアウト
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

▼エンジニア以外のレッド・ウィングのブーツもチェック!

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

2019年11月01日