レッドウィング(RED WING)の「ベックマン」ってどんなブーツ? ベックマンフラットボックスとの違いは?

  • 2023.01.23 2019.10.21
  •              

レッドウィングのブーツのなかでも愛用者の多い「ベックマン」。レッドウィング創業者の名を冠した、100年前のワークブーツの表情を今に伝える逸品だ。クラシックドレスとして確固たる人気を誇る「ベックマン」の魅力と種類、おすすめコーディネイトまで紹介します!

創業者の名を冠した「ベックマンブーツ」は、ワークブーツと一線を画すドレスシューズ。

創業者であるチャールズ・ベックマンは19世紀後半にドイツよりアメリカに移民してきた。タンナーで働いた後、靴屋を始め、成功するも本当に良い靴が少ないという不満を持つようになる。そして店にあるどの靴よりも良い靴を自分で作るしかないと考えるようになり、1905年レッドウィング・シュー・カンパニーを創業。

そんな彼が活躍していた1910年代を彷彿させる、優雅でクラシックなスタイルをイメージして開発されたモデルがベックマンブーツだ。高品質なフェザーストーンレザーもこのモデルのみに作られるのが特徴となっていた。

日本でも人気のある定番モデルであったが、現在は生産を終了。その名をレッドウィングのECサイトでも確認することは叶わない。だがしかし、ヴィンテージで手に入れることは可能。長年多くのユーザーから愛された名品だけあって、バリエーションも豊かだ。

カラーは4色。圧倒的人気色だったのはブラックチェリー!

生産が終了する際に販売されていたカラーは全4色。どれも原皮の中から5%程度しか見つからない特にスムーズな銀面を厳選したフェザーストーンレザーを使用しているため、非常に美しい輝きだ。

1.Beckman boots 6″Round-toe 9011

Beckman boots 6″ROund-toe 9011

創業者の名を冠するこのベックマンブーツは、20世紀初頭のレッド・ウィングが手掛けていた紳士用の6インチ丈のドレスシューズをベースに、現代の厳選された素材を使い再構築されている。100年以上前の趣を味わえる、クラシック・ドレスのマスターピースなのだ。なかでもこのブラックチェリーのベックマンはエレガントで、上品な印象を与えてくれる。

  • レザー:ブラックチェリー「フェザーストーン」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:レザー・アンド・ラグ
  • ラスト:No.8

2.Beckman boots 6″Round-toe 9013

Beckman boots 6″Round-toe 9013

見事な栗色の9013は他のモデルに比べ、少しライトな印象のカラーリングがハイライト。伝統的な雰囲気の中にもどこか柔らかさを感じ取れる一足に仕上がっている。

  • レザー:チェスナット「フェザーストーン」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:レザー・アンド・ラグ
  • ラスト:No.8

3.Beckman boots 6″Round-toe 9014

Beckman boots 6″Round-toe 9014

レッド・ウィングの中でも特に人気の高いベックマンブーツ。このブラックのフェザーストーンレザーを使用した「9014」は、他のブーツとは一線を画すクラシカルでスマートなフォルムと上質なレザーを持つベックマンの存在感がより一層引き立つ。

  • レザー:ブラック「フェザーストーン」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:レザー・アンド・ラグ
  • ラスト:No.8

4.Beckman boots 6″Round-toe 9016

Beckman boots 6″Round-toe 9016

シガーの色合いをイメージしたカラーリングのフェザーストーンレザーを使用したベックマンは、エレガントな雰囲気を醸し出し、クラシック・ドレスを体現している。

  • レザー:チェスナット「フェザーストーン」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:レザー・アンド・ラグ
  • ラスト:No.8
  • ドレッシング:シュー クリーム

ちなみに、それぞれ後継モデルがあり、94XXとなっている。

ベックマンソール

使用しているソールが「レザー・アンド・ラグ」から「ベックマンソール」に変更されたタイミングで、品番が変更になり、後継モデルとしてそれぞれ「9411」「9413」「9414」「9416」になっている。

ベックマンソールはレッドウィングの創業時のシューズをイメージして作られたベックマンブーツのために開発されたクラシカルなソール。当時、主流だったレザーソールの雰囲気を残しつつ、ビブラムの半張りとロゴ付きのヒールがセットされる。

ベックマンの経年変化をサンプルでチェック!

Beckman boots 6″Round-toe 9013の経年変化、いい味出てます。横に入ったシワが美しく、全体的に艶っぽさが増したように感じる。

Beckman boots 6″Round-toe 9016の場合はこんな感じ。カラーによってまた雰囲気が違って味わい深い。

アッパーとラストもベックマンと一緒の「ベックマン フラットボックス」に注目!

ベックマンブーツが事実上廃番となったいま、「もうベックマンはヴィンテージじゃないと履けないの?」という声が聞こえてきそうだが、実は「ベックマン」には先芯を入れない「フラットボックス」仕様のものがある。

自動車が普及しておらず未舗装が多かった1900年代初頭に重宝された道端の土埃や泥から足を守ることができる6インチ丈のブーツ。その多くは先芯を入れないフラットボックス仕様であり、爪先まで柔らかく履きやすいもの。この時代の先芯なしタイプをベックマンで再現したのが「Beckman Flatbox(ベックマンフラットボックス)」、品番では「9060」になる。

従来のベックマンが先芯が入っていることで型くずれがしにくいのに対し、履き続けることでつま先が自在に反り返ることによって独特な形状になっていく。アッパーとラストは通常のベックマンと同じものを使用している。

  • 価格 5 万5550
  • レザー ブラック「クロンダイク」
  • ソール グロコード・メダリオン
  • 製法 グッドイヤーウエルト
  • ラスト8 番
  • ワイズD ワイズ
  • サイズUS6.0(約24.0 ㎝)〜US11.0(約29.0 ㎝)
  • 生産国 アメリカ
松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア