【LNG創刊25周年記念コラボ】ダナーライトが作られる本社工場に潜入!

最終更新日 2021.10.24 公開日 2019.08.19

前記事でじっくり詳細をお伝えしたライトニング渾身の別注ダナー。サンプルの出来上がりを待たずして、編集部は最終サンプルを拝みにアメリカ・ポートランドにある本社工場を訪れた。

Danner Lightning 8068 63,720円(送料込、税込)

受付は終了いたしました >>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら

受付は終了いたしました >>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら

▼前記事もチェック!

※受注終了※ダナーライトのロングバージョンが発売中!【LNG創刊25周年記念コラボ】

※受注終了※ダナーライトのロングバージョンが発売中!【LNG創刊25周年記念コラボ】

2019年08月15日

Made in U.S.A.を守り続ける、超貴重なブーツメーカー。

ダナーが本社と工場構えるのはアメリカはオレゴン州ポートランド。自然豊かな土地柄、地元民のアウトドア熱は高い

1932年にウィスコンシン州チペワウォールズで創業したダナー。その4年後に拠点をオレゴン州ポートランドに移して以来、いまだに本社と工場をその地に構え、Made in U.S.A.を守り続ける、いまでは超貴重なブーツメーカーである。

その高いクラフトマンシップは、長年アメリカの陸海空軍にコンバットブーツを提供するなど自国での信頼も厚く、最近ではパタゴニアがブランド初(!)となるコラボレーションの相手に選ぶなど、その高いクオリティはお墨付きである。今回のライトニング別注も、もちろんアメリカ製でオーダー。現在はもう生産されていないモデルを、無理を承知でお願いしたものだから、パタンナーがイチから型をおこした手間のかかりよう。ファクトリーのなかでも、特別なモデルの製作だけに関わる、精鋭部隊「THE NEST」のメンバーによって完成した、最終サンプルができるまでをお送りする。

ヒールにはダブルネームのエンボス!

ヒールカウンターに刻まれる別注の証。両者のダブルネームは、こうして一枚一枚にしっかりとスタンプされる。旧きよきブーツ作りを守り続けるダナーの大切な意匠だ。

手作業で縫製。

表地のコーデュラナイロンとカウハイドレザーを手際よく縫製。ダナーライトの特徴であるゴアテックスのブーティはここで装着される。

「THE NEST」 をまとめる勤続20年の大ベテラン、ミゲルさんはボトミング=底付け担当。時にはスタッフへ直接指導もする、ファクトリーのマスター。今回のサンプル製作も彼が手がけた。

デジタル作業ではなく、手描きでパターンを引き直し。

こちらも業界歴41年のベテランパタンナー、ジョンさん。最近ではデジタル作業がほとんどのなかで手描きでパターンをおこせる貴重な存在。今回は復刻別注であるが、旧い型は残っていなかったため彼がパターンを引き直したのだ。

美しい経年変化が生まれる、ダナー特注レザーを使用。

今回の別注で使用されたのはホーウィン社製の防水カウハイドレザー。まるでホースハイドのような美しい経年変化を生み出すようダナーが特注したスペシャルな革を使用している。

ダナーで使われるレザーはすべて検品される。それは他のメーカーではまずありえない。ジェイさんは厳しい品質管理を任される、数少ないレザースペシャリストのひとりである。

人の目では探しきれない細かい傷や厚みは最新機器を駆使してさらにチェック。各パーツを裁断するためのアウトラインをこれで決めていく。

レザーの品質をチェックする項目はなんと5つ。引き裂き、柔らかさ、表皮の剥がれや傷、オンスなどを細かく検査する。

ラストは「650」を採用。

最もポピュラーなラスト「650」を採用。ヒールのフィット感が高く、トゥも細身でスタイリッシュなルックスに仕上がる。

精鋭部隊「THE NEST」に支えられる現場。

各工程のスペシャリストで構成されるスゴ腕職人集団「THE NEST」の作業スペース。ほとんどの新作はここで一度テストされ、それを元に作られたマニュアルが工場内で共有される。

アメリカ製で高品質なブーツを作れるメーカーはダナーだけといっても過言では
ない。米軍からの信頼も厚く、同じ工場内では軍に納入するためのコンバットブーツも多数作られている。

受付は終了いたしました >>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら

受付は終了いたしました >>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら

多くのベテラン職人の手によって作られたサンプルを元に、限定200足で製作されるDanner Lightning 8068 63,720円(送料込、税込)。Made in U.S.A.の高いクラフトマンシップを肌で感じる履き心地、ぜひお試しあれ。

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2019年9月号」

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。