「Gregory(グレゴリー)」にアメリカンな防災グッズを詰め込んだ防災セットに注目!

  • 2021.10.24 2020.06.28
  •              

梅雨や台風シーズン、そしていつ起きるかわかならない大地震。予期せぬ事態だからこそ、普段から準備をしておきたいもの。そこで、アメリカ生まれのタフな防災グッズをセットにした、タフな防災セットを紹介する。

アメリカブランドだけで構成されたLightningの防災セット!

27,778円(税抜き)※数量限定

Lightning会員サイトから購入

Amazonで購入

いつ起こるか分からない災害への備えを考えるライトニングの人気連載企画「そろそろ防災のこと、考えてみませんか?」から誕生した防災セット。もちろん防災バッグとしての機能面が一番ではあるのだが、どんなに探してみてもカッコイイ防災バッグが見つからない。そんなライトニング編集部の要望に応えるように、アイデアからデザイン生産までと全面協力してくれたのは、バッグブランドのグレゴリーだ。

アウトドアというつねに危険と隣合わせのフィールドにて培ってきた経験やアイデアを、防災という観点から考察し、今回のためのオリジナルバックとして製作。

そこに災害時にあるべきマストな3アイテムを厳選してピックアップ。ナイフからペンチ、ドライバーなどがまとまったマルチツールの「レザーマン」。水が入っていない時は小さく畳んで収納できる水筒「プラティパス」。そして、想定外の様々な用途に対応する「SOL」のブランケット。これらの3アイテムをグレゴリー×ライトニングのエマージェンシーバッグとを組み合わせた防災セットとして発売するのだ。

サバイバル大国アメリカにて信頼を勝ち得てきた確かなクオリティとタフさをもつアイテムたちのコラボレーション。かつてないクールな防災セットは機能だけじゃない、毎日で持ち歩きたくなるイケてる防災バッグなのだ。

1. Gregory × Lightningのエマージェンシーバッグ

グレゴリーとしては初めて、素材を燃えにくくする”難燃加工”を施したナイロンをボディに使用。キーカラーとなる発色のいいオレンジテープは、フライトジャケット「MA-1」の裏地のカラーであるレスキューオレンジをヒントに採用したもの。他にも防災バッグならではスペックを盛り込んだ、ライトニングコラボだからこそ実現したスペシャルバッグなのだ。

・今回のコラボのためにオーダーしたスペシャルなグレゴリータグ
・ボディのサイドには、コラボレーションの証であるライトニングロゴ
・出し入れがしやすいように、フラップ式を採用
・ボディのボトム部には、大きなサイズのリフレクター
・グレゴリーの山岳用モデルに採用されているホイッスル付き
・グレゴリーのザックカバー付き

サイズW27×H51×D19cm
重さ565g
容量22L
素材420デニールコーデュラナイロン(難燃加工)

2. LEATHERMANのマルチツール REV

収納ツールは、ニードルノーズプライヤー、レギュラープライヤー、ワイヤーカッター、ハードワイヤーカッター、420HC直刃ナイフ、パッケージオープナー、木工/金属用ヤスリ、マイナスドライバー (S)、マイナスドライバー (M)、プラスドライバー、定規 (3.8cm/1.5インチ)、栓抜き/缶切り、ワイヤーストリッパー

ナイフ、ドライバー、栓抜き、缶切り……、ひとつで様々な問題を解決してくれるマルチツールはまさに災害時の必需品。そこで手にしたいのは、アメリカ生まれのミスタータフガイ「レザーマン」のREVだ。防災時にも活躍する14ものツールがコンパクトな手のひらサイズに収まっているエントリーモデル。

収納時のサイズは全長9.7㎝。重さ168g

重厚でメカニカルな見ためと金属の質感が男心をそそるうえ、バッグに収納する際には、コンパクトに折りたためるので安全。

3. Platypusのプラティ2Lボトル

アウトドア&キャンプ好きの定番アイテムである、たためる水筒のプラティパス。約2.5Lもの水を持ち運べ、飲み終わったら丸めて畳んでおけるという理にかなったアイテム。水の入っていない状態のプラティボトルを丸めてみると、かなりコンパクトになり収納時に場所を取らないので、防災バッグに忍ばせておけばのちのち大活躍。

4. SOLのスポーツユーティリティブランケット

長年アメリカにてサバイバルグッズを制作してきた本格派ブランドのエスオーエル。高い保温性能と圧倒的な引き裂き強度をもつオリジナル素材を使った多用途ブランケットは、ガンガン使っても、そう簡単には破れないタフな1枚。

210㎝×150㎝の大きなサイズなので、大人の男の人が羽織って雨風を凌ぐこともできる。4つの角には穴が空いており、風の強い日にはペグを打って固定することも可能だ。

限定50セット先着販売 27,778円(税抜き)

Lightning会員サイトで購入

Amazonで購入

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア