アメリカ製とイギリス製の違いは? 英国ヴィンテージライダースが愛されるワケ。

アメリカと異なる独自の発展を遂げたプロダクツの代表と言えば、英国製ヴィンテージライダース。各界に根強いファンを持つこのヴィンテージレザージャケットの魅力についてアディクトクローズ代表の石嶋聡さんに尋ねると、3つのポイントがあった。

【その1】「シープスキン」素材。

01使用画像

シープスキンとは、羊の革のことでなめらかで肌触りもバツグン。最も英国らしい素材であり、軽くてしなやかな質感はアメリカのレザーにはない特徴だ。こちらのジャケット、一見するとアメリカの製品と見間違うかもしれないが、こちらはれっきとした英国製のスポーツジャケットで、素材はもちろんシープスキン。実は茶系の流通数は非常に少なく、後年にカラーレザーが流行ったことからもそのレア度は一目瞭然(1940s~)。

【その2】個性的な「色使い」。

02 使用画像

独自の発展を遂げた色使いもポイント。ファッション的にも合わせやすいブルー系から、鮮やかなレッド、さらには派手なグリーンやイエローもあり、どれも興味深い。こちらは、マニア間での評判もすこぶる高い、ハイウェイマン社製のカウレザーを使用したシングルライダース。

03使用画像

赤のスーパースポーツマンも人気のデザイン。シングルのスタンドカラーにライン入りと1970年代の王道を行くスタイルだ。

【その3】「ライン入り」スタイル。

04 使用画像

モーターサイクルカルチャーと根深いライン入りスタイル。いい意味でアクが強く個体差があることもヴィンテージとしての魅力に繋がっている。こちらの腕周りに山吹色のサークルラインが入っている激レアのサイクロンは、ただでさえ入手困難なダークネイビー。かなりのレア感で強烈なインパクトを放つ。

 

お話を伺った石嶋さんは、これまで数千着にも及ぶ英国製のヴィンテージジャケットを販売し、その審美眼は確かなもの。個体の高いクオリティはもとより、前述に挙げた「シープスキン」「カラーレザー」「ライン」の3つのポイントに魅せられたこのプロダクトは、今も変わらず多くの人の心を掴んでいる。

お話を伺ったのは……

ADDICT CLOTHES TOKYO
東京都新宿区四谷4-24-26
TEL03-5341-4767
13時~20時、土日祝日12時~20時
月曜休 ※祝日以外
http://addict-clothes.com

▼こちらの記事もチェック!

やっぱり革ジャンといえばライダースジャケット! シングルにするかダブルにするか、選び方教えます。

やっぱり革ジャンといえばライダースジャケット! シングルにするかダブルにするか、選び方教えます。

2019年12月26日

(出典/「Lightning 2017年2月号 Vol.274」)