クラッチ最新号は三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二さんが表紙を飾るヴィンテージデニム特集

  • 2024.06.24

日本の素晴らしいプロダクツ、そして海外のすばらしいプロダクツをライフスタイルともに深掘りして紹介するクラッチマガジンの最新号はヴィンテージデニム特集。表紙には自身もヴィに傾倒している三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二さんが登場。特装版は海外のメンズファション誌である「メンズファイル」30号との合本になっている。

VINTAGE DENIM LOVER/とっておきのヴィンテージデニム。

いまとなってはファッションのイチアイテムとして世界中で馴染みのあるデニム。元々は鉱山などで働く労働者のために作られたデニムが長い年月をかけて、4桁の金額で取り引きされるモノが出てくるなど、市場は熱狂の一途を辿る。

ヴィンテージの細かなディテールや佇まいは多くの人を夢中にさせているのだ。そんなヴィンテージデニムの中でも、ひときわ入手困難なLEVI’Sの1940年代のデッドストックや、軍用モデルなど。市場でもお目にかかることのできない博物館級の「とっておき」で「レアな」ヴィンテージデニムたちをファッション業界の方々のコレクションから紹介する。

ULTIMATE VINTAGE REPRODUCTION/デニム大国と言わしめる日本の誇り。

ヴィンテージデニムを基に生地や縫製、細かいディテールを忠実に再現するブランドが日本には多く存在する。そこには日本人の細かさや真面目さ、職人気質なモノ作りがあることで、日本製のジーンズやジャケットは、世界最高峰と呼ばれるようになった。そんな日本の立ち位置を確固たるものにしたブランドからリリースされているプロダクツを紹介。ヴィンテージを解体し、時代考証を吟味し、デニムのスペシャリストたちを集結させて生まれたジーンズやジャケットはどれもリスペクトに値する逸品たちばかり。

WESCO JAPAN 20th Anniversary!/WESCOとバイクカルチャーの親和性。

1918年にオレゴン州ポートランドで誕生した老舗ワークブーツカンパニー「WESCO」の日本のパートナーであるWESCO JAPANが設立20周年を迎えた。それを記念して2日間のアニバーサリーイベントを開催し、関係者やカスタムビルダーたちによるツーリングを敢行。WESCO JAPANならではの豪華メンバーによるツーリングリポートは、希少なヴィンテージのハーレーダビッドソンや参加者たちのスタイリングなど見どころ満載。

通常版の購入はこちらから!

特装版の購入はこちらから!

 

 

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部