2ページ目 - 世界中のヴィンテージ古着バイヤーが訪れる、知る人ぞ知るLAにあるショールームに潜入!

  • 2023.03.21

人気再燃中のニットウエアをピックアップ。

ヴィンテージ愛好家の中にはウールのニットばかりを集めている人もいる。その魅力は柄や色のユニークさ。今回のお宝探し取材では珍しい柄のカウチンセーターと、人気が再燃しつつあるカレッジセーターをピックアップ。まだ、ワークやミリタリーほど市場価格が高騰していないアイテムだが、注目度が高まりつつあることは間違いない。

シロクマの柄が編み込まれたALASKA柄の一着はレア度が抜群だが、マルーンのカラーも稀有な存在。まさにレアピースだ。

アラスカの文字とともに編み込まれているのはヤギの顔。カウチンセーターの柄は数多あるが、珍しいカラーを発見。

グリーンでDとくればアイビーリーガーの一つであるダートマス大学ものと考えて間違いないはず。こちらも編み込みレタード。フェード良し。

BOSTON UNIV. のイニシャルでBU。文字がフェルトではなく編み込まれているのも希少品だ。襟周りの広いフットボールニットタイプ。

有名大学のカレッジセーターはコレクタブル。背中にマスコットのフェルトパッチが大きく配されたカーディガンタイプ。

日本からアメリカへやって来たスカジャンの数々。

太平洋戦争終戦後、日本に進駐したGHQの兵士たちに絶大な人気を誇ったスーベニアジャケット、通称スカジャンである。カラーや柄の構成でヴィンテージの価値は大きく異なってくる。正確にはミリタリーウエアではないが、兵士たちに愛されたこともあって、ボブはたくさんのコレクションを持っている。日本に再び帰ってくるかもしれないレアなヴィンテージピースをピックアップしてみた。

空の鷲と海中の龍が向き合っているとても貴重な背中の図案。ヴィンテージスカジャンファンなら確実に目に留まるはず。

グリーンとイエローの組み合わせも大変稀少性の高いが、向かって来る虎の図案が超お宝と言えるシロモノを発見した。

ミリタリーは業界屈指の物量と知識。

VINTAGE PRODUCTIONSを象徴するミリタリーヴィンテージ。ウエア以外にもキャップやバッグなどその種類は膨大かつ上質を誇る。大半がアメリカ軍のものだが、イギリス軍や旧日本軍のものもあり、コレクターだけでなくコスチュームスタイリストにも頼りにされているほどだ。物質だけでなく、このジャンルでの情報や知識も業界屈指。それでもどん欲にヴィンテージを探し、詳細を調べている。

広いショールームではあるがギッシリと詰め込まれたヴィンテージコレクション。

艦船や飛行機コクピットの時計を利用した置き時計。

【DATA】
VINTAGE PRODUCTIONS
https://www.vintageproductions.com/

(出典/「CLUTCH2023年4月号 Vol.90」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部