ワークスタイルの主役はこのアウターで決まり! ワークスタイルを印象づける一着。

  • 2022.11.19
  •              

コーディネイトの主役となるのは、季節柄、やはりアウターだろう。ここではワーカースタイルを印象付ける各ブランド渾身の1着をピックアップ。10ブランドから10着を紹介する。ヘビーに着られるワークアウターをワードローブに加える参考にして欲しい。

1.HEAD LIGHT|WWⅡ WORK COAT

Material: 10oz BLUE DENIM/Size: 36,38,40,42/Price: ¥28,380_

大戦期に作られたヴィンテージをもとに製作した10ozセルビッジデニムを採用。生地巾の中に特にムラの強い糸が数本混ざっているため、ヴィテージさながらの縦落ちが見られるのが特徴。デザインは生地同様、1940年代の大戦モデルを再現。ボタンの数や当て布の規制はあったものの、両胸のポケットや内ポケットは存在。当時、クラウン オーバーオールズ社でしか存在しなかったチェンジボタンを採用した。

【DATA】
HEAD LIGHT(TOYO ENTERPRISE)
Tel.03-3632-2321
https://www.sugarcane.jp

2.EVISU|Hunting Jacket

Material: COTTON/Size: 38,40,42,44/Price: ¥49,500_

オレンジとブラックのコットン糸で織り上げたバッファローチェックのハンティングジャケット。フロントにはフラップ付きのスクエアな4つの大きなポケットを配し、左右非対称にシャンブレー生地のサブポケットが付けられ、インディゴを得意とするEVISUらしいデザインに仕上がった。背面にはハンティングジャケットらしく大きなマップポケットも装備され、ホワイトのボタンと共にデザインの大きなアクセントとなっている。

【DATA】
EVISU THE TOKYO
Tel.03-3710-1999
https://www.evisu.jp

3.Trophy Clothing|Pioneer Sport Jacket

Material: Wool,Alpaca/Size: 36,38,40,42,44,46/Price: ¥62,700_

クラシックな’30年代のスポーツジャケットをグラデーションチェックでリファインしたアウター。太番の紡毛糸を2本撚り、10番双糸にしたウールメルトン素材を使用。 双糸にすることに加えて、アルパカをブレンドすることで整理加工での樹脂の染み込みがよく、よりハードな仕上がりになり、歪みない真っ直ぐなチェックと、 ヴィンテージライクな発色を実現。 ウール織物の聖地である尾州で織りと整理加工を一貫して仕上げている。

【DATA】
Trophy General Store
Tel.03-6805-1348
https://trophy-clothing.com

4.BLACK SIGN|15oz Black Denim Pleats Jacket

Material: Cotton/Size: 36,38,40,42,44/Price: ¥28,600_

1890年代から1920年にかけてディテールを再現したショート丈のデニムジャケットは、ほどよくヘビーな15ozブラックデニムを使用。ボタンはアンティックブラックのワンスタードーナツボタンを使い、トップボタンのみハンドソーイングのボタンの仕様となっているのも注目。旧き良きワークウエアの意匠を駆使しながらも、ソリッドなブラックに仕上げているので、汎用性が高く、様々なコーディネートで使えるのも魅力のひとつである。

【DATA】
BLACK SIGN Main Lodge
Tel.052-734-6914
https://blacksign-lodge.jp

5.Pherrow’s|Ranch Jacket

Material: DENIM/Size: 36,38,40,42,44/Price: ¥38,500_

サックスブルーのライトオンスデニムのライニングにアクリルボアを装備したランチジャケット。ポケットのフラップには、ベージュのコーデュロイを使用した1960年代から1970年代頃にアメリカのストアブランドからリリースされたランチジャケットを彷彿させる。4カラー展開でサックスの他、グレー、ベージュ、インディゴと同じデニムでもカラー違いで揃えた。裏ボアは共通でフラップのカラーがそれぞれ異なる色を使用している。

【DATA】
Pherrow’s
Tel.03-5725-9577
http://www.pherrows.com

6.AT-DIRTY|WORKERS JACKET

Material: CORDUROY/Size: S,M,L,XL/Price: ¥35,200_

ハリと光沢が特徴の太畝のコーデュロイをマテリアルに小ぶりのボタンと襟がフレンチワークを思わせる。旧くは1800年代から見られるデザインで、前身頃が脇を跨り、後身頃まで続く、いわゆるサックコートのパターンを踏襲しつつ、ヴィンテージカバーオールに見られるアームホール、脇、袖、肩など巻き縫いで縫製。シングルニードルで家内制手工業的に縫製してきた工場が巻き縫いによる大量生産へと変わる過渡期のモデルをイメージした。

【DATA】
NO name!
Tel.078-333-1341
https://noname-web.jp

7.JELADO|24/7 Leather Sports Jacket

Material: HORSEHIDE/Size: S,M,L,XL,XXL/Price: ¥198,000_

マイナーブランドながら、裾のハトメや背面のプリーツなど、変わり種なディテールを持つ1930年代のジャケットをベースに製作。革はGaucho(ガウチョ)と名付けたJELADOオリジナルのホースハイドを採用。約1.2 ~1.3mm厚のフルベジタブルタンニン鞣しの欧州産ホースハイドに軽くサンドペーパーを掛け、銀面を擦ることで、独特な革の表情が魅力だ。さらに着込むことで馬革らしい上品な経年変化をさらに楽しみむことができる。

【DATA】
JELADO FLAGSHIP STORE
Tel.03-3464-0557
http://www.jelado.co.jp

8.Soundman|Birmingam Jacket

Material: COTTON/Size: 36,38,40/Price: ¥45,100_

1930年代に英国で稼働していた鉄工場にて、毎日のように働くワーカーたちが着用するユニフォームをイメージしてデザインされたSoundman定番のワークジャケット。袖付けやカッティングは、テーラードのパターニングの要素を取り入れているため、着こなしの幅を広げられ、またフィッティングの良さと同時に着用時のシルエットの美しさもこのジャケットの特徴。フロントボタンはエイジング加工を施したチェンジボタンが付けられる。

【DATA】
Sound

Tel.03-5725-1520
https://www.soundman.jp

9.Post O’Alls|De Luxe Railroader

Material: Goatskin/Size: S,M,L,XL/Price: ¥239,800_

’90年代中頃に数シーズンのみリリースされたDe Luxe Railroaderを存在感のあるゴートスキンで再構築。’10年代頃のレイルローダー用のデラックスなカバーオールを、Post O`Allsらしく再編集したデザインである。特別に製作された良質なゴートスキンは、レザー特有の表皮が冷えると寒さを感じるデメリットを克服するため、薄手ながら抜群の保温性を発揮する小松精錬製のインターライニングを使用しているのも特筆すべき点である。

【DATA】
Post O’Alls NAKAMEGURO
Tel.03-6303-2160
https://postoveralls.com

10.WAREHOUSE|Lot 2169 SHORT TYPE LEATHER CAR COAT

Material: Horse Hide/Size: 36,38,40,42/Price: ¥187,000_

エイジングが楽しみな渋鞣しのホースブラウンレザーを使ったカーコート。当時は舗装されていない道も多く、土埃から身を守るために、ロング丈が主流の中、希少なショート丈仕様。とはいえ4つのポケットを装備し、カーコートとして必要な要素はすべて兼ね備えている。運転から制動、燃料補給、オイル点検までこなすレイルローダーが、カーコートをワークウエアとして着用していた実績があり、作業着としても優れているのだ。

【DATA】
WAREHOUSE&CO. TOKYO
Tel.03-5457-7899
https://www.ware-house.co.jp

※情報は取材当時のものです。

(出典/「CLUTCH2022年12月号 Vol.88」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア