【LA】ヴィンテージ界の重鎮が手掛ける、デニムリペアサービス「Denim Doctors」に潜入!

最終更新日 2021.10.26 公開日 2019.12.05

Hollywood Trading CompanyのオーナーZip Stevenson氏といえば、本誌「Clutch magazine」ではもちろん、ヴィンテージ業界では世界中で名が知られている人物です。Zipといえばスタッズベルトが真っ先に思い浮かびますが、今回は彼が手がけるデニムリペアサービス、Denim Doctorsをご紹介します。

ダウンタウンにある「Denim Doctors」へ。

Denim Doctorsは、ロサンゼルス・ダウンタウンからほど近いピコ・ユニオンというエリアにあります。ショップ兼工房になっており、ショップにはデニムがずらりと並びます。


オーナーのZip Stevenson氏にお話を伺った。


前述したように、スタッズベルトで一躍その名を世界に知らしめたZip氏。ヴィンテージのスタッズベルトが、希少な上、サイズや状態の良いものが見つかりづらかったことから自らスタッズベルトを作り始めたのがきっかけとなり、2000年、ベルトブランド「Hollywood trading company」を設立しました。
スタッズベルトが生産されていた30年代から50年代の道具やジュエリーを使い制作するZipのベルトは、ヴィンテージファンの間で待ってましたとばかりに大人気に。彼の名は世界中で知られることとなりました。

そんなZip氏だが、実はヴィンテージ業界に足を踏み入れたきっかけは、デニムだったのだそう。大学卒業後、ヴィンテージデニムショップで働き始めたのをきっかけに、ヴィンテージデニムに関する知識を身につけ、その後1994年、ヴィンテージデニムのリペアをスタートさせた。
彼の手にかかれば、それまで修復不可能と思われていたデニムもなんなくリペアできたという。それが、Denim Doctorの始まりとなったんだそう。

ショップ奥の工房ではこの日も様々なデニムがせっせとリペアされていた。


作業場には大きなミシンがたくさん置かれていた。


この日作業していたデニムを見せてもらった。



膝の部分に穴が空いてしまったデニム。この穴を直していく。



穴の裏から、このデニムに似たデニム生地を当て、アイロンをかけ、ミシンで縫い、少しずつ縫製して直していく。2時間程度で、大体のデニムはリペアできるという。


仕上がりはこの通り。穴があったのがほとんどわからない程に綺麗に仕上がっている。
実は私も以前、Denim Doctorでヴィンテージデニムをリペアしてもらったことがあるんです。サイズもぴったり、シルエットも、何もかもパーフェクトで、この先二度と見つからないだろうと思っていた50年代のヴィンテージデニムがひょんなことから、修復不可能なほどにビリビリに破けてしまったという……(大怪我をした際、病院でハサミを入れられビリビリに……涙)。
その後必死に同じものを探すもやはりなかなか見つからなかったけれど、奇跡的に、サイズが大きいものなら見つかったんです。それをビリビリに破けてしまったデニムと一緒にDenim Doctorへ持っていき、復元してもらったのです。
ぴったりサイズになって手元に戻ってきたときは、涙が出るほど嬉しかったです。きっとこんな風に、皆様々な経緯で、ここへ思い入れのあるデニムを持ってくるのでしょうね。あきらめずに修理し、また愛用する。それを叶えてくれる素敵な場所でした。
【DATA】
DENIM DOCTORS
1507 W Washington Blvd
Los Angeles, CA 90007