1週間のLA滞在でもフリーマーケットに行きたい!あなたには…【フォトグラファーMaikoのLAガイド#26】

  • 2021.11.01 2016.11.16

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線から切り取って紹介する。
以前、LA最大のフリーマーケットRose Bowl Flea Marketを紹介したが、今回はThe Melrose Trading Post at Fairfax High Schoolというフリーマーケットを紹介する。

毎週やってるフリーマーケット「The Melrose Trading Post at Fairfax High School」

海外に行くと必ずフリーマーケットに行く、という人も多いのではないだろうか。多くのフリーマーケットは月に一度の開催なので、短い滞在期間では目当てのフリーマーケットが行われていない、ということもあるだろう。そんな人にぴったりなのが、毎週日曜日に開催されるThe Melrose Trading Post at Fairfax High Schoolだ。
1
2
3
会場は、メルローズにあるFairfax High Schoolの駐車場。メルローズは、ロサンジェルスのセレブや流行に敏感な若者が集う流行の発信地。セレクトショップ、古着店、高級ブランド店などが立ち並ぶ。そんなメルローズ・アベニューのショッピングストリートのはずれで行われるこのフリーマーケットは、200店ほどの出店と、Rose Bowlに比べると規模は劣るが、数時間で回りきれて、気軽に足を運ぶにはちょうどいい広さ。毎週4000~5000人が訪れ、地元の人にも愛されるフリーマーケットとなっている。

ヴィンテージやミリタリー好きなら、何度だって行きたくなる!

ウエアはヴィンテージデニムやミリタリーが中心で、アンティーク家具やインテリア小物などが揃う。
4
5
6
7
8
9
入場料は大人1人3ドル。フリーマーケット好きもそうでない方も、毎週足を運んでしまいたくなること間違いなしのフリーマーケット。ぜひ訪れてみてほしい。
●The Melrose Trading Post at Fairfax High School
毎週日曜9AM-5PM
7850 Melrose Ave, Los Angeles, CA
http://melrosetradingpost.org

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部