雨にも風にも湿度にも負けない3層構造のシェルジャケット

  • 2024.07.17  2024.05.21

1920年創業の米国シアトル発アウトドアブランド〈エディー・バウアー〉。その膨大なアーカイブと現行プロダクトを照らし合わせ、これまでの100年から、これからの100年の名品を考える。

さらに進化した防水透湿性

防水・透湿・防風を備えた3レイヤーのハイスペックシェルジャケット。シームシーリング加工により縫い目からの雨の侵入を防止、ポケット内部がメッシュ加工になったベンチレーションで透湿効果を向上させるなど、細かいところまで計算して設計されている。1万5850円

元来アウトドアアパレルとはその機能性とともに進化を遂げてきた。その代表格は間違いなく、防水性や透湿性を備えた機能性ファブリックだ。1960年代後半に登場した通称ロクヨンクロスは横糸にコットン、縦糸にポリエステルを約60/40%の割合で混合することにより、コットンが湿気を吸収すると膨張する性質を活かして水分の侵入を防ぐ、“機能素材の元祖”として名高い。

1970年代半ばには米ゴアテックス社が開発した特殊メンブレンをラミネートした多層構造の生地により、防水透湿性を飛躍的に向上させ、数多くのアウトドアブランドがこの画期的な素材を自社製品に採用した。例に漏れず、エディー・バウアーも各時代の最先端ファブリックを用いていたのがアーカイブを見ればよくわかる。

そして現在。軽量性や伸縮性を兼ね備え、さらに進化した防水透湿性3層構造生地のシェルジャケットもここまでリーズナブルに手に入れられるようになった。これはハイスペックアパレルをより身近なものにしたブランドの功績に他ならない。

各時代の最先端ファブリック

60/40クロスからゴアテックスへとアップデートしながらエディー・バウアーも時代ごとに防水透湿性能のジャケットを作り続けてきた。

ロクヨンクロスを使用した80s製マウンパ。1万4190円(バックストリートTEL042-720-0355)
80s製ゴアテックス素材のセイルジャケット。1万6280円(ピグスティ 原宿店TEL03-6438-9969)
90s製ゴアテックス素材。1万6390円(デザートスノー 千葉TEL043-225-9600)

【問い合わせ】
水甚
TEL058-279-3045
https://eddiebauer.jp/

(出典/「2nd 2024年7月・8月合併号 Vol.206」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部