今こそ、デニムに力を! フレアデニムとヒッピームーブメント|EDWIN

  • 公開日:2022.07.25
  •              

1970年代のアメリカ。ベトナム戦争への反対運動、若者たの自然回帰やヒッピームーブメント、サイケデリックなアートや音楽、石油ショックによる世界同時不況……。「混沌」と「狂乱」が入り交じる時代として、これまではおとぎ話のように語られてきた。しかし、我々が生きる現代をみてみると、どこか似たようなものを感じてならない……。

70年代のエネルギーをデニムを通して現代に注入。

昨年、創業60周年という節目を迎えたエドウインは、新たな一歩として︑いまいちど70年代のジーンズを見直し、その有り余るエネルギーをジーンズを介して現代に受け継ぐプロジェクトを始動。「今こそ、デニムに力を」。エドウインは極東の島国から愛と平和を叫ぶ。

第1回となる今回取り上げるテーマは「フレアジーンズ」。ベルボトムやパンタロンと呼ばれて、 70年代に大流行した”ラッパジーンズ〟は、ヒッピーファッションと相まって、いつしか愛と平和の象徴となった。本誌古着連載を担当でもおなじみのスタイリスト原田学さんは70年代のファッションや、当時のエドウインのプロダクツについてこう語る。

「1970年代はヒッピー、サーフ、バイク、アウトドアなど、様々なカルチャーが派生し、ファッションとして一気に広がりをみせた稀有な時代。単純にデザインや色使いが派手で面白いものが多いです。それだけ、作る人も着る人もエネルギーに溢れていたのだと思います。日本もアメリカのトレンドに全く遅れをとっていなくて、とくにエドウインは当時から様々なフレアジーンズを作っていましたし、今見ても素晴らしいデザインがあります。とくに70年代初期にヒットを飛ばした、ベイカーポケットの付くフレアジーンズは傑作。70年代リバイバルが著しい今なら、あえて紺ブレなど、いつものトラッドスタイルに合わせるだけでも新鮮だと思います」

スタイリスト・原田学さん|1972 年生まれ。本誌古着連載を創刊当初より担当するヴィンテージマスター。昨年発売されたエドウイン60 周年の記念本では、アーカイブを整理するなど、エドウインのプロダクツに関してもかなりの知見を持っている

70年代ラッパシルエットが自由の象徴だった[BAKER FLARE]を、2022年は紺ブレと合わせてフレンチシック風味に。

【Back to ’70s】

【STYLE SAMPLE 2022】

70 年代のアーカイブよりDNAを抽出した新作。シルエットは腰回りに余裕をもたせ、緩やかにフレアする現代的な解釈で再構築。ベイカーパンツのようなポケットデザインとセンターに堂々と走る縫い合わせがデザインとなる。ハードなウォッシュ加工を施したブルーとブラックを展開。2万4200円

【問い合わせ】
エドウイン・カスタマーサービス 
TEL 0120-008-503