【Le Sans Pareil×2nd】着倒して完成するコットンインディゴ生地を使った、ロングカバーオール登場!

昨年秋に雑誌「2nd(セカンド)」が別注で作成した、モールスキンの[スタンドカラーダブルジャケット]。フレンチワークウエアの老舗であるルサンパレイユの技術・ノウハウと、2nd編集部の私欲が生み出したかなりマニアックなアイテムでありながら、まさかまさかの大反響。

別に調子に乗ったわけではありませんが、早速第2弾コラボをみなさんにお披露目できることになりました!

今回のコラボの元になったのは、フレンチヴィンテージのワークジャケット。

こちらのスタッフ私物の激レア“ランチシェール”が元ネタ! 恐らく’40年代以前に製造されたもの

発端は小誌の元編集長おすぎ村が所有していたフレンチヴィンテージのワークジャケット。正直本来は別のアイテムを製作すべく動いてましたが、前述のジャケットを見たルサンパレイユの方々が「こんなの見たことない!」と大興奮。

ご存じない方に簡単に説明すると、ランチシェールとは、フレンチヴィンテージをよく知る者にとってはお馴染みのブランドで、フランス在中の中国系移民のためにワークジャケットを製造していた。基本的には写真のようなチャイナジャケットがほとんど。

ガシガシ着ればこんなに色落ちする!  着込みがいのある先染めインディゴを使用。

そんな超希少ヴィンテージをベースに、独自のアレンジで着丈を長くして、アトリエコート風に仕上げたのがこちらの今回受注するジャケット。アトリエコートとも呼べるこのデザインで経年変化を楽しめるアウターとなると、見かけるのはデニム生地くらい? フランスブランドというのも相まって上品な雰囲気に仕上がった。経年して色が落ちても野暮ったくなることはなさそうだ。

ガシガシに洗うと上の写真のような色落ちを楽しめる。1970年代以前の旧い紡績機にしか生み出せない自然なムラ感のあるリネンと見間違えるほどの綿糸。その糸に、デニムの産地である岡山で何度もインディゴ染めを施し完成した濃いインディゴ糸が、次は先染めの産地とされる西脇(藩州)にて織り上げられる、というなんとも壮大な時間と手間をかけて作られる生地。だからこそ極上の経年が楽しめるのだ。

実はもっとヴィンテージに寄せるべく改良を検討中で、縫製糸の番手など超マニアックな箇所を変更予定。すべてはヴィンテージ好きの皆さんに喜んでもらいたいから!

購入はこちらから!

スタッフも早速着用してみました!

仏ブランドにはやっぱりユーロスタイルが合う!【2nd編集部 パピー高野編】

バスクシャツやベレー、スカーフと、ヨーロッパらしいアイテムを組み合わせることで、上品なスタイリングに。色数はできる限り少なくすべき。そうすることで白ステッチのアクセントも際立つ。

アメカジミックスでも野暮にならない品の良さ。【2nd元編集長 おすぎ村編】

ともすると野暮になりそうなスタイリングにおいてバランサーのような役割を果たしている。経年してきたら、逆にアウター以外は品のあるアイテムを合わせるなど、大事なのは全身のバランス。

今回も「CLUB 2nd(クラブセカンド)」で予約いただけます! 1月21日(金)12:00~受注開始!!

2ndが運営するECサイト「CLUB 2nd」で今回の別注も予約を受け付けています。単なる商品販売ページに留まらず、スタッフSNAPやウンチクなど、見どころ満載なページになっているのでまずは覗いてみてください!

【価格】
3万8500円( 消費税、送料込み)

【サイズ展開】
38(S)サイズ 着丈106×肩幅48×身幅60×袖丈61cm
40(M)サイズ 着丈109×肩幅50×身幅62.5×袖丈62.5cm
42(L)サイズ 着丈112×肩幅52×身幅65×袖丈64cm
※洗濯後の縮み目安 着丈2~3cm 身幅0.5~1cm 袖丈1~2cm

【完全受注発注・ご購入スケジュール】
販売期間/2022年1月21日(金)12:00~3月10日(木)19:00
ご配送/5月中旬予定
※工場の状況によって、多少前後する場合がございます。

購入はこちらから!

お問合せ/株式会社ヘリテージ 2nd 営業部 03-3528-9794

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。