大戦モデルって何?

  • 2024.06.20

戦争と非常に深い関わりのあるデニム。例えば第二次世界大戦時にはアメリカの戦況悪化に伴って軍需のための部材確保を目的に、ワークウエアなどの仕様の簡素化がなされた。つまり作りは雑になったわけだが、この数年間だけの特徴的な仕様から希少性が高く人気があるのだ。そんな大戦モデルを早速見ていこう。

通常モデルと大戦モデルの違いとは?

通常モデル

1940年代のPAYDAYのLot.10-910というモデル。ブランドのロゴ入りボタンを使い、バックポケットには当て布があるため、それを縫製した横2本ステッチもしっかり施されている。大戦後の1947年モデル。

大戦モデル

上の通常モデルと同じ品番だが、フラッシャーには「S-10-910」と印字された大戦モデル。ボタンは月桂樹ドーナツ型、ポケットの当て布はなくステッチもなし。サイドのボタン、ラベルtもに1つにされた。1941年モデル。

大戦モデルは時期によって様々な仕様がある!

リーバイスのS501XX。1937年モデルと呼ばれる、赤タブ付きのシンチバックモデルは1941年後半からシンチの廃止、ポケットの飾りステッチの廃止、コインポケットのリベット廃止などを余儀なくされた。

リーバイスのS506XXで、フロントボタン4つ、ポケットフラップの廃止がなされたモデル。これはボタンも月桂樹のドーナツ型だが、時期によってはリーバイスのロゴ入りが使われているものも存在する。

Carharttの大戦モデルのカバーオール。チンストラップが廃止され、胸2つ、裾2つの計4つポケットを2つに変更。一般的には裾2つポケットになるが、稀に胸1つ、裾1つのガチャ仕様が存在。これはLeeも同様。

Leeを代表するカバーオール「91-J」の大戦モデル「S91-J」で、胸ポケット2つを廃止し、裾ポケットのみ残した1着。もちろん当て布はなく2本ステッチも入らない。胸のラベルもなく、カフスも1つボタンだ。

Leeの代表モデル「91-J」の大戦モデル「S91-J」。ポケットは4つあるが、右胸のフラップ廃止、フロント4つボタン、カフス1つボタン、胸ラベル廃止、トリプルステッチはダブルステッチに変更と大戦仕様だ。

※ここで紹介する古着はLightning Archives『VINTAGE WORKWEAR』、別冊Lightning『ヴィンテージデニムの教科書』からの出典。

(記事出典/「Lightning 2024年6月号 Vol.362」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部