春のミリタリースナップに見る軍モノ着こなし術。パート4

  • 2024.06.11

ミリタリーと聞くとワイルドでヘビーデューティなイメージが先行するが、夏季用や亜熱帯エリア向けに作られたミルスペックもあり、春夏でも違和感なくコーディネイトに取り入れることができる。そこでここでは有名ブランドや人気ショップのクリエイターたちに、春ミリタリーをお題にコーディネイトしてもらった。プロの着こなしをご覧あれ。

1.「WOLFMAN」曽原猛さん

旧きよき時代のバーバーカルチャーを日本で体現した第一人者である曽原さんは、名作サマーフライトジャケットであるA-2をメインにコーディネイト。インナーには士官学校のスウェット、ボトムスはブライスランズのチノパン。

2.「BerBerJin」藤原裕さん

ヴィンテージデニムアドバイザーとして活躍する藤原さんは、ナイロンを用いたフライトジャケットの走りである米国空軍のL-2Bをチョイス。あえてビッグサイズにすることで、定番アイテムながらも今っぽくコーデできる。

3.「US」金勇多さん

スポーティなAPFUジャケットの裾をコードで絞ってボックスシルエットをイメージ。差し色のフードの使い方や汚れたワークパンツなどで、ミリタリーを現代のストリートへ昇華した好例と言える着こなし。

4.「WAREHOUSE」浅井耕太郎さん

ウエアハウス東京の店長である浅井さんは、USMCのP-44をモチーフとしたウエアハウスのトラウザーズに、大戦モデルのGジャンでうまく時代背景を合わせている。デニム×ミリタリーの王道的な組み合わせ。

5.「Attractions」加藤和さん

ブラック&ホワイトを意識した都会的なミリタリーコーデ。様々なヴィンテージミリタリーの意匠をミックスしたスノーパーカがモチーフのジャケットは、軽量なナイロン素材でバイク乗車時にも使える機能性も魅力。

(出典/「Lightning 2024年6月号 Vol.362」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部