隠れた銘品「フレディ」が欲しい人、集合! 「FINE CREEK & CO.」のFREDDY

  • 2024.06.03

物欲旺盛なライトニング編集部員たちが、今の気分で選んだ欲しいモノや身銭を切って購入したアイテムをジャンルレスで報告! 今回は「先日YouTubeの撮影で、初めてケンドーコバヤシさんとお会いした。革ジャンを80着所有し、その知識はプロ顔負けで、ミリタリーも博識。すごく楽しい時間でした!」と興奮気味に語る革ジャンの伝道師モヒカン小川がお届け!

FINE CREEK & CO.のFREDDY

1990年代によく見られたモデルをモチーフに再構築したフレディ。素材はベジタブルタンニン鞣し・顔料仕上げの馬革を採用し、経年でくっきりした皺が刻まれ、顔料特有のエイジングが楽しめる。写真はモヒカン小川が4年ほど着込んだもの。この不良っぽい佇まいがたまらない。19万9980円(ファインクリークレザーズ TEL050-3390-2470/フィリップ66 TEL0574-27-244)

この写真を見てもらいたい。俺の着込んだファインクリークアンドコーのフレディというモデル。もうかれこれ4年くらい着てるんじゃないかな。カッコいいぜ……。

最近、SNSやYouTubeのコメントで「フレディが欲しいんですけど、どこに売っていますか?」という質問を立て続けに受けた。インスタや動画で俺がフレディを着ていることも多く、それで気になったんだろうが、確かに売ってない。

実はフレディは継続してリリースされ続けているのだが、ファインクリークアンドコーの中でも隠れた銘品で、ショップに入荷してもすぐに売れてしまうのだとか。買いたいのに買えない。まさに「生殺し」。そんな可哀想なレザーラバー諸君に朗報!

先日、岐阜の名セレクトショップ「フィリップ66」代表の林仁さんと飲んだ際、「俺は本気でフレディを売ろうと思う!」と宣言し、実際かなりの数のフレディが入荷するらしい。つまりフィリップ66なら、フレディが手に入るというわけ。入荷時期は未定だが、まずはフィリップ66に電話してみてはいかがだろうか?

ファインクリークレザーズの姉妹ブランド、ファインクリークアンドコー。このフレディは同ブランドの隠れた人気モデルなのだ
着込むほどにくっきりとした皺が刻まれ、ダイナミックなエイジングが楽しめる。顔料ならではの光沢感もフレディの魅力だ
ジッパーは真鍮製のWALDESを採用。真鍮の鈍い輝きと黒いレザーのコントラストが男心をくすぐる。真鍮のエイジングも楽しめる

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2024年6月号 Vol.362」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部