アオシマの完成品バイクシリーズ。超精密な12分の1スケールの初代ニンジャ。

  • 2023.03.16  2023.03.15

映画からコミックスまで、数多くの作品に登場したGPz900R。その初代ニンジャがダイキャストのミニチュアになって登場。1/12 スケールになっても、その迫力は変わらない!

重量感のあるダイキャスト製の完成品バイク。

高騰続く国産旧車バイクの中でも、今一番ホットな存在が初代ニンジャことGPz 900Rだろう。映画『トップガン マーヴェリック』の導入部分に登場したことも記憶に新しい。そのせいもあり、GPz 900Rの中古市場の価格は現在爆上げ中。とはいえ、100万円台で購入できるタマもゴロゴロしているのは、世界的ロングセラーの名車だからこそ。

ここで紹介するのはアオシマの完成品バイクシリーズのGPz 900R。数々のバイク模型をリリースするアオシマの製品なので、スタイリングやディティールの再現性はさすがのひと言。本体はダイキャスト製なので持った時のズシリとした重量感もたまらないポイントだ。

ステアリングとリアサスペンションが可動し、ディスプレイ台座も付属するが、センタースタンドを出して自立させることもできる点は実にリアル。全長は180㎜でディスプレイするのにちょうどいいサイズ。ファンなら3台並べて飾っておきたくなる。

KAWASAKI GPz900R 赤/ 灰|ファイナルでも採用された!

ニンジャの一番人気のカラーリングはコチラの赤灰! このファイアクラッカーレッド×メタリックグレーストーンは、1984年の初代モデル(A1型)で採用されたカラーリングで、最終モデルとなる2003年のファイナルエディション(A16型)でも採用された。3960円

実車ではハーフカウル化、そしてトップブリッジを変更してアップハンドルにする人も多いが、フルカウル&セパハンが本来のスタイル

KAWASAKI GPz900R 黒/ 金|重厚感のある仏壇カラー。

1991年、カワサキ初となるオーバー750㏄の国内仕様(A8型)で採用されたエボニー×パールコスミックグレー。仏壇カラーなどとも呼ばれ、高い人気を誇るカラーリングのひとつ。ゴールドのホイールとの相性もいい。3960円

Z1から続く900㏄の排気量のエンジン
「マジック9」とも呼ばれ、現行の人気車種であるZ900RSにも引き継がれている

KAWASAKI GPz900R ライムグリーン|カワサキはやはりライム。

1985年(A2型)で初登場となったライムグリーン×ポーラホライト。なおカウル横に『Ninja』のロゴが入るようになったのは1992年に登場したA9型以降。それ以前は『GPZ900R』(1983年~)、『GPZ』(1987年~)、『Kawasaki』(1990年~)のロゴがアッパーカウルに入った。3960円

フォルムは登場時のままだが、各部は随時アップデートされた。1990年(A7型)でフロント17インチ&リアタイヤ幅が拡大された

自作派にはプラモデル。組み立てキットの「ザ☆バイク」シリーズ。

「自分の手でニンジャを完成させたい!」。そんな人には『ザ☆バイク』シリーズがお勧め。ダイキャスト同様、リアルな仕上がりはため息もの。2860円

【問い合わせ】
青島文化教材
TEL054-263-2595

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning2023年2月号 Vol.346」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部