ブラッカウズのハンバーガーが新しくなった!

  • 2023.03.16  2023.03.09

最高級黒毛和牛のステーキやハンバーグを提供するヤザワミートが展開するハンバーガーショップ「ブラッカウズ」に潜入し、新しいハンバーガーをチェック。

グルメとして楽しめる本格ハンバーガーが、さらにおいしく改良。

「それぞれのハンバーガーがひとつの料理に」をコンセプトに、リニューアルしたブラッカウズ。原点に立ち返り、ブラッカウズが考える黄金比の基、バンズ、パティはもちろん、焼き方などの調理工程、素材を改めて吟味したという。

まずメゾンカイザーのバンズは、パティや野菜をしっかり受け止めるタイプに改良。粗挽きと極粗挽きを合わせたパティは、鉄板の上で押しつけるように焼くことで、肉の旨みを凝縮。これまでミディアムレアだったものをしっかりめに焼いているのも改良点のひとつだ。

出来たてを熱々のうちに食べて欲しいと、ほとんどの調理工程を鉄板の上で行っているのも「料理としてのハンバーガー」である所以。ビストロのようにワインなどのお酒と一緒にいただきたいハンバーガーをぜひお試しあれ。

Vertex burger

和牛パティに濃厚な和牛ミートソースをトッピングした肉々しいバーガー。セロリやセミドライトマトなど野菜もたっぷり。2700円

粗挽きと極粗挽き肉をミックスした和牛パティを、上から押しつけて焼くことで旨みを凝縮。しっかりめに焼いているのもポイント。その上に和牛ミートソースをたっぷりと。香りがたまらない。

Golden ratio burger(ミックスポテトフライ トッピング)

和牛パティに18カ月熟成チェダーチーズ、ベーコン、特製BBQソースとタルタルソースが効いている(2700円)。キタアカリ、紅あずまのポテトと一緒に(+300円)

外はカリッ、中はジューシーに焼いたパティにとろとろチーズとベーコンをのせたバーガー。お酒が欲しくなる濃厚さ。

ハンバーガーLOVE発売中。

ハンバーガーの名店を厳選。新オープン店や、ハンバーガー愛好家が選ぶハンバーガーをご紹介。1760円

>>購入はこちらから

【DATA】
ブラッカウズ
東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル 1F
TEL03-3477-2914
営業/11:00~ 15:00(14:00L.O.)、17:00~ 22:00(21:00L.O.)
https://valuet.co.jp/brands/blacows/

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning2023年2月号 Vol.346」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部

昭和40年男 編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部