自社ファクトリーでさらなる高みへ…進化するフラットヘッドのレザーウエア。

  • 2022.12.27
  •              

世界に誇るジャパンデニムブランドのひとつであるフラットヘッド。そのデニムプロダクツと双璧を成すのが、馬革を中心としたレザージャケットである。そのレザージャケットがさらなる進化を遂げたと聞き、本拠地である長野へと向かった。

一針一針に魂を込めた究極のレザージャケット。

ブランド創業時から働く宮坂さん自身もミシンを踏んでいる。これまで経験のないことなので、最初は試行錯誤の連続だったと語る

フラットヘッドを象徴するプロダクツのひとつであるレザージャケット。原皮からこだわり、大量生産前の旧きよきアメリカのクラフトマンシップや機能美を落とし込んだ傑作が揃っている。

そんなレザージャケットが進化を遂げたと聞いた時、ピンと来なかったのが正直な感想だ。すでに高い完成度を誇っており、これ以上に追求する要素はないと思っていたからだ。ただその全容をディレクターの宮坂さんから聞くと納得せざる得ないことがわかったのだ。

「実はさらなるクオリティ向上のために、今年からレザージャケット専用のラインを追加し、私が工場長を務めています。ただ今までお願いしている工場を否定しているわけではありません。通常ラインに加えて、自社工房メイドの2ラインで展開しています。自社工房では、スペシャリストたちがレザーの裁断から縫製までを担当し、すべての工程を手作業で行っています。

私自身も工房に立ち、日夜レザージャケットと向き合っています。すべての工程で現場の職人と意見を交換しながら、今までこだわれなかった細部まで突き詰めていけるので、理想のクオリティを実現することができるようになりました」

例えばヨークに使うパイピングでも様々な手法があり、太さや幅が違ってくる。こういう細かい部分を職人と相談しながらベストな方法を探っていけるというのが、自社ファクトリーの強み。

このファクトリーはもともとバッグや財布を作っていたが、大幅に設備投資を行い、レザージャケットを生産できる体制を整えたというから驚かされる。密にコミュニケーションを取りながら、強いこだわりと徹底したクオリティコントロールで至高の一着が完成するというわけだ。

曲線で縫製するには高い技術が必要であるが、ベテランのクラフトマンが揃うので仕上がりが美しい

手間暇を惜しまない姿勢が最上の一着を生む。

壁には型紙がずらりと並ぶ。レザージャケットの本格生産をきっかけに定番ジャケットのパターンも見直しさらなる品質向上も図った。

レザーの状態を1枚ずつチェックし、製品となった時にシボが目立たないよう配慮しながら、裁断を行っていく。

仕上がりの美しさを体現するために、このようにパイピングなどの重なった部分は、ミリ単位で調整することで理想の一着を縫い上げている。美しさだけでなく、強度も考慮しているのは言わずもがなだ。

アメリカのライダースジャケットを象徴するダイヤモンドパターンのキルティングパデッドは中央部から外側へとミシンを走らせることで、より美しい仕上がりに。

中のパテッドの厚みも何度も調整し、厚すぎず薄すぎない絶妙なバランスに。一部のハイエンドモデルに採用。

縫製糸はすべてブラウンで統一しているのもフラットヘッドのこだわりのひとつである。

セミアニリンで仕上げた茶芯のオリジナルレザーがエイジングした時にステッチと調和し、さらに魅力的な表情へと変わっていく。

工業用ミシンをリードするドイツの名門デュルコップ・アドラーのミシンなど、レザージャケットに必要な設備を増強している。

自社製作の新作革ジャン「LJ-HS004」。

自社工房「ストックバーグ」にて裁断から縫製まで一貫したフラッグシップモデル。フラットヘッドの代名詞とも言える茶芯のホースハイドを使い、サイドパネルにダイヤモンドパターンのパデッドを配したスペシャルバージョンである。29万7800円(46インチは32万7800円)

アメリカのライダースジャケットの原型のひとつとなったスポーツジャケットがモチーフ。襟付きのシングルライダースとはひと味違ったディテールが随所に散りばめられている。

このモデルのスペシャルな意匠が、サイドアジャスターの付いたパネル部分にダイヤモンドパターンのパデッドを使っていること。このデザインはヴィンテージにはない。

スポーツジャケットの象徴的なディテールである両サイドのアジャスターベルト。バックルは型から製作したオリジナルの鉄製で、ニッケル仕上げ。擦れていい風合いとなる。

背面ヨークと同じく、独特なカーブを描いたカフス部分にもパイピングを施しているのが特徴。細かなディテールの美しさにまでこだわるのがフラットヘッドの流儀なのだ。

【問い合わせ】
フラットヘッド
TEL026-275-6666
https://www.flat-head.com

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning2022年12月号 Vol.344」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア