40代メンズ必見! 大人の革ジャンコーデ19スタイル。

  • 2022.11.08 2022.09.08
  •              

革ジャンのエイジングは、個人の生き様を映す鏡といっても過言ではない。ライトニング本誌でお馴染みの、ファッション界のカリスマ達に登場してもらい、彼らが着込み、愛し、そして育て上げた革ジャンをスナップさせてもらった。大人世代でなくても、この着こなしは参考になるはずだ。

1.「GLADHAND CORE」ショップマネージャー・橋本佑さん

ライダースはグラッドハンドとショットのコラボで誕生した「GLADPOSTALS」。U.S. MADEらしい身幅が広めだが、GLADHAND独自のサイズ感にリサイズ。オーバーサイズの着こなしで力の抜けたラフな雰囲気に。マフラーやシャツ、ハットを合わせ、引き締めたスタイリングがポイント。

2.「FINE CREEK LEATHERS」スタッフ・有馬裕太さん

ファインクリークレザーズのリンドバーグは、多脂革の2㎜厚の馬革を採用することで、マットな質感ながら擦れで光沢感が現れてくるのが特徴。そんな革の存在感を活かすために、革ジャンの時は極力シンプルなスタイルに合わせるという有馬さん。右身頃のシボ感がいい雰囲気を醸し出している。

3.「TROPHY CLOTHING」代表・江川真樹さん

エポレットやウエストベルトなどの装飾を省き、馬革の質感の良さが際立ったトロフィークロージングのライダースジャケット。馬革の中でも希少なサドルを使い、茶芯仕様にしているため、擦れやすい部分は下地のブラウンが出て、ヴィンテージ顔負けの表情になっている。

4.「SMART CLOTHING STORE」店長・姫野賢治さん

タンニン鞣しのホースハイドを使ったフェローズのスポーツジャケットは、当初こそ硬さがあるが、着込むことで馴染んでいく感覚がたまらないと姫野さんは語る。あえてカジュアルなスウェットでコーディネイトしているのもポイント。このリラックス感は見習いたいところだ。

5.「JELADO」プレス・森俊範さん

6年ほど着ている定番のレザージャケットであるウィンチェスターは、70sのフラワームーブメントで生まれた名作がモチーフ。ヘビーなステアハイドは、根気強く着込んだことでいいエイジングとなっている。直球の70sスタイルでなく、ベストを合わせるあたりのセンスはさすが。

6.「ATTRACTIONS」プレス・竹本大輝さん

ビルトバックのハーフコートは、光沢を抑えた質感をもつが、5年の着用によって艶やかな皺が刻み込まれている。コーディネートは定番の素材感やカラーを綺麗に見せるため、5ポケットデニムではなくトラウザースをチョイスし、スカーフなどで品のある着こなしにまとめている。

7.「LEWIS LEATHERS JAPAN」スタッフ・池野優也さん

タイトフィットのライトニングは、マテリアルにシープスキンを使用したもので、5年ほど愛用。ほどよいシワ感とエイジング、柔らかな素材感がお気に入り。「バイク用としても、街着としても着られるサイズ感やシルエットの良さが好きでヘビーに着用している1着です」

8.「JUNKY SPECIAL」店長・鎌田純平さん

バズリクソンズのA-2(BR80501)を3年ほど愛用している店長の鎌田さん。夏でも冷房の効いた店内で着用するほどで、背中に入った一本の筋がお気に入り。革ジャン選びのコツを尋ねると「革はそれぞれ表情があります。ご自身の目で見て、ピンときた物や着たい物を選ぶといいですよ」

9.「ADDICT CLOTHES JAPAN」スタッフ・石嶋聡さん

ブランドの代表作AD-01をさらりと羽織る石嶋さん。味が出やすいシープスキン(茶芯)だけに2年着用とは思えないほどのエイジングが生まれている。モノトーンコーデにすることで男らしくモダンな雰囲気を演出しつつも、オンブレーのシャツで抜け感もプラス。ぜひ真似したいコーデだ。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア