BESSが提案する新しい“暮らし”。小屋+平屋=平小屋(ひらこや)!?|BESS

個性豊かな木の家で人気のBESS。いつもユニークな暮らしを提案するBESSだが、この度、BESSでは初めてとなる「平屋」モデルが発表された。小屋のようでもあり、平屋でもあり、その実、本物のログハウスでもある。可愛らしい外観、ちょうどいい大きさ、仕切りのない室内空間……BESSが発信する新ジャンルの「平小屋」、ワクワクするではないか!

人気の平屋、この解放感はまさに理想。

昨今、平屋の需要が増えているという。歳をとると階段を上るのも億劫になるし、子供が独立した後には、そんな広い家も必要ない。こじんまりとした家で、好きなモノに囲まれた生活を送りたい……そんな思いの人に、平屋は人気なのだとか。

今回、BESSが発表した新作「栖(すみか)ログ」は、まさにそんな希望を持つ人にうってつけのモデル。小屋+平屋=平小屋というコンセプトのもと作られた栖ログ、中に入る前に、まずその外観を眺めてみる。

栖(すみか)ログ|リタイア後の住まいやセカンドハウス、また「離れ」など様々な用途で活躍してくれる栖ログ。国産杉を使い、小屋と言いつつ本物のログハウスならではの存在感を放つ。サイズは3種類用意され、写真のモデルは1階床面積57.96㎡の「L60」。その他に1階床面積が41.4㎡の「M40」、31.05㎡の「S30」をラインナップ https://sumikalog.bess.jp/

なんとも素敵な佇まいではないか。シンプルながら、すべてが調和した素晴らしいデザイン。「潜望窓」と名付けられた三角窓が、アクセントになっていて可愛らしい。

今回は、LOGWAY BESSつくばに建てられたモデルハウスにお邪魔したのだが、ロッソ(赤色)の屋根とエントランスが、青空に映えてとても美しかった。

高い天井高と仕切りのない間取りで、面積以上に広く感じる栖ログの室内。室内のどこにいても外を身近に感じることができる
何にも縛られない、ひと続きの自由な空間が広がる

そして気になる室内は……一歩入って驚いた。BESSのモデルはすべて天井が高くて開放的な印象だが、いままで見てきたどんなモデルよりも、開放感と気持ちの良さを感じるのだ。

正直に言うが、栖ログは決して広さをウリにしたモデルではない。しかし、仕切りのない間取り、天井の高さ……まさに“ちょうどいい”広さとでも言おうか。どこにでも手が届くような、「自分だけの空間」といった感じ。まさにBESSが推奨する「小さく建てて大きく暮らす」の哲学を、そのまま具現化したような住まいなのだ。

この栖ログは、これからの時代にマッチした最高の“小屋”と言えるのかもしれない。

小屋裏から下を望む。部屋を固定しないひと続きの空間のため、使い方は無限だ。これこそが栖ログの最大の特徴なのだ

L60では両サイドに小屋裏を設置。趣味部屋に使うもよし、もちろん寝室としても使うことができる。三角形の「潜望窓」も装備され、ここから庭を眺めながら、これから庭をどうしていこうか、あれこれ思案するのも楽しい
家族の変化に合わせて、暮らし方を変えることができるのも、栖ログのいいところ。可変の壁で場所を仕切れば、子供部屋も作れる
栖ログには「部屋」はなく、あるのはあくまで「場所」。その場所をどう使うかは、すべて住み手に委ねられる。あなたはどう使う?

【問い合わせ】
「住む」より「楽しむ」BESSの家
TEL03-3462-7000
http://www.bess.jp

●全国のBESS LOGWAYはこちら

●BESSについてもっと知るにはこちら

(出典/「Lightning 2022年10月号 Vol.342」)