コレクターアイテムとしても人気の企業のキャラクターグッズの市場価値を知る!

  • 2022.09.30
  •              

ジャンルを問わず様々な企業のアイコンとして作られるキャラクターグッズ。個性的でポップなキャラクターは、コレクタブルアイテムとしても最適。今回は数あるなかから第一弾として厳選した6ブランドを紹介しよう。

「ルームサービス」代表・木下綾子さん

ファイヤーキングなどアメリカの古いキッチンウェア好きが高じて2004年にウェブショップ「キノショップ」、2008年に大阪西区に実店舗「ルームサービス」をオープン。定期的にアメリカに直接買い付けに訪れて、自身がピンとくる雑貨やトイなどを販売する。https://kino-shop.com

アメリカンな雰囲気作りにピッタリのキャラクターグッズ。

会社のPR用のマスコットとして生み出されたキャラクターグッズ。どれも個性的でポップな出立ちだから、ひとつ置くだけでもアメリカンな雰囲気を演出してくれる。膨大な種類があるのでひとつのジャンルに絞ってコンプリートを目指すもよし、灰皿やカップなどアイテムを絞ってさまざまなキャラを集めるのもまたよし

アメリカには何かの特定のキャラクターを見るだけで、「ここのブランドだ」と思い出せるほど、個性的なキャラクターがいるブランドは実に数多い。

元々はブランドの知名度アップや特定の商品のマーケティング用に作られたモノだが、今ではブランドや商品が消滅してしまってもキャラクターだけが生き残っていることも少なくなく、キャラクターは知っているけど、多くの人がその元ネタを知らないというケースも少なくない。

アメリカにおいていわゆる「キャラモノ」の歴史は実に古く、100年以上続くブランドにもキャラクターグッズがいるほどで、しかも、人気のキャラモノになると、それぞれにコアなコレクターが存在し、それだけで1冊のコレクターズアイテムブックが作られるほどだ。こうした状況を見ても、やはりアメリカは商売のなかにも遊び心があるというか、懐の深さを感じさせてくれる。

一口にキャラクターグッズといっても、食品メーカーからレストラン、エネルギー関連会社、一般企業まで実に幅広く、全体の傾向を語ることはとてもできないので、今回はまず手始めにアメリカではファンが多い6ブランドのキャラクターを紹介しよう。

数あるキャラクターモノのなかから今回は6種類を厳選ピックアップ。

有名無名を問わずアメリカ国内でキャラクターを擁するブランドは数えきれないほどあって、とても1度では紹介しきれないが、今回はその中でも、アメリカではメジャーながら日本国内ではそこまで知名度はない6社の会社のキャラクターグッズを紹介しよう。

エッソボーイ

石油メーカー・エクソンモービル社のブランドであるエッソの企業キャラとして、1940年代にデンマーク支社で誕生。別名ドロップボーイ、いってきくんとも。モーター系愛好家には知られた存在

レディキロワット

1926年にアラバマ州のサウスウェスタンパワーカンパニーという電力会社が作ったマスコット。稲妻の体にゴムの手袋とブーツ、電球の鼻とコンセントの耳が特徴。復刻も少なく貴重な品が多い

カリフォルニア・レーズン

1912年創立のサンメイド社より1986年に登場したカリフォルニアレーズンのキャラクター。これらをR&Bグループに見立ててCMを放送したところ大ブレイク。実際に4枚のアルバムも制作した

ビッグボーイ

日本でも展開されているハンバーガーレストラン「ビッグボーイ」のマスコットキャラ。ぽっちゃり体型とリーゼントが特徴で日本でも人気が高い。年代によって体型や色合い、ロゴに変化がある

ドゥボーイ

アメリカでパン生地やお菓子ミックスなどを販売する有名な食品会社・ピルズベリー社の看板キャラクターとして1965年にCMでデビュー。ドゥボーイの他に奥さん、息子、娘、犬、猫などもいる

Mr.ピーナッツ

1910年代頃にアメリカのプランターズ社の企業キャラクターとして誕生。アメリカではピーナッツといえばコレという人気キャラ。歴史も古く様々なグッズも展開されているのでコレクターも多い

市場価格を知る!

キャラクターによって価格はまちまち。一概に人気キャラクターだから値段が高いかというと、人気キャラの場合は製造数も多かったりするので意外と安いこともある。また、同じキャラクターでもアイテムによってレア度が異なり、飛び抜けて高いモノがあったりするので、コンプリートを目指すとなると大変だが、コンプリートを目指さなければ割と安価に楽しめるジャンルといえそうだ。

エッソボーイ

1960年代製造のレアなサーモスボトル(水筒)。表面はメタルで中はガラス製。エッソボーイがアメリカ観光するイラストが描かれる。1万9800円
1940年代製。重厚なガラスで存在感抜群の貯金箱。取り出し口がなく入れたコインは破壊しない限り取り出せないのが難点? 1万7600円
ユニークな形状のグラス。エッソボーイの” オイルのしずく” を表現した形でキャラクターをプリント。1950 ~ 70年代。1万6500円

レディキロワット

ファーストエイドキット。鉄製のボックスにバンドエイドや薬など中身も当時のまま残っているレアアイテム。箱としても使える。1950 ~ 70年代。2万4200円
帽子や鞄などにワンポイントで使える小ぶりで可愛らしいピンズ。どちらも1955年製で未使用箱付きのデッドストック。各5060円

カリフォルニア・レーズン

’80年代後半にテレビCM以来大ブレイクし、レコードまで出した人気キャラがバンドマンに扮したシリーズのPVCフィギュア。左から2番目は1540円だが、左の「Mom」は激レアで1万7600円、右から2番目のは5280円、右は3960円と同じように見えるが価格は全く異なる。
ネジを回すとトコトコ歩くオモチャ。パッケージ付き。一度開封されているがホッチキスで留められている。1988年製。3520円
パッケージもそのまま残っているキーチェーン2種。デッドストック。1987年製。それほどレア度は高くないお買い得品。2200円

ビッグボーイ

1960年代製造の貯金箱。胸のBIGBOyの文字が青く、yが小文字なのは’60年代のごく初期のモデルでレア度も高い。1万3200円
貯金箱の胸に描かれたBIG BOYの文字が筆記体からブロック体へと変わった1970年代製。同じ年代でも表情やカラーも異なる。7700円
来店する子供たちに配られた小冊子でコミックとゲームのミックス作品で人気を呼び500号以上発行。アメリカ史上最も長く続くコミック作品でもある。1760円

ドゥボーイ

陶器製のスタンド(小物入れ)。ペン立てや紙ナプキン、キャンディやスティックシュガーなどお好みでどうぞ。1997年製。5060円
1979年製造のプラスチック製カップ。深底なのでカップとしてだけでなくペン立てや小物入れとして使える。4180円
プラスチック製のソルト&ペッパーシェイカーセット。1974年製。食卓やキッチンはもちろんディスプレイとしても。8800円

Mr.ピーナッツ

1930年代製造というアンティーク品のレアなガラスジャー。容器だけでなく蓋もガラスで作られている。存在感抜群。3万3000円
プラスチックマグカップタイプの塩コショウ入れ。塩コショウ入れはそれだけのコレクターがいる隠れた人気アイテム。1万3200円
プラスチック製のマグカップ。1960年代製らしいポップな色合い。ほかにもカラバリはいくつも存在しているそう。各3300円

アメリカでは古くからマーケットが確立されていて、よほどのニュースでもない限り、市場での価格に大きな動きはない模様。ただ、最近の円安傾向から国内価格は今後上昇することが予想される。日本ではそれほどコレクターも多くないので、あまり人と被らないグッズを集めたいコレクター初心者にもおすすめかも?

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア