モーターサイクル愛好家に捧ぐ! BUCOはライダースジャケットの 最終到達地点だ。

  • 2022.09.17
  •              

アメリカはデトロイトで生まれ、モーターサイクルアクセサリーを製造するブランドとして生まれたBUCO。そのブランドを知らしめたのはその後に生まれたライダースジャケットの存在が大きい。ライディングのためだけでなく、走る環境も考えたプロダクツは、本格的なレーサーからストリートバイカーにも愛された。現在ではリアルマッコイズがその意志を受け継ぎ、当時以上のクオリティで世に送り出している。究極の機能服でありながら、ファッションとしても圧倒的な存在感を放つプロダクツを、ライダースジャケットの最高到達地点のひとつだと言っても過言ではない。今回はそのラインナップを本誌でもっともレザーにうるさいモヒカン小川の解説付きでお届けする。

1.[BJ21101]BUCO J-24 JACKET

SIZE: 34,36,38,40,42,44,46 COLOR:BLACK PRICE:27万5000円

クラシカルなDポケットや背面にジッパーで開閉できるマップポケットなどを装備したJ-24はBUCOのダブルライダースのなかでも名作と謳われる。1953年に登場したとは思えない完成度。

モヒカン小川の教えてやる!!

「俺にとってBUCOのイメージって「男らしさ」なんだよね。硬派な感じというか。そんなBUCOならではのハードさを存分に味わえるのがこのJ-24。漆黒のレザー+かまぼこスタッズがクールだし、野暮ったさを省いたシルエットなので、身体に吸い付く感覚が味わえる。JH-1に比べて襟も小さくなっているので、襟を立てた時にもカッコいいんだよ。Dポケ仕様も、俺的には嬉しいポイント。着込むうちにDポケ周辺の縫い合わせ部分にパッカリングが出現するので、身頃がダイナミックに見えるわけ。個人的にすごく嬉しいのは、別売りのデタッチャブルムートンカラー(BA21101)。これを付ければ、真冬でも着られるぜ」

J-24のバリエーションもチェック!

[BJ22001]BUCO J-24/BLACK x WHITE

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:30万8000円

J-24の2トーンモデル。素材にはオイルを多く含んだアニリン仕上げのホースハイドを採用することで、ディアスキンのような柔らかさを持っているのが特徴。ストレスフリーな着心地。

[BJ18102]BUCO J-24L

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:29万7000円

J-24をアップデートし、着丈を長くすることでファッション性も高めたモデル。襟に装着されるムートンボアは着脱が可能で、2つのスタイルが楽しめる仕様になっている。ホースハイド製。

[BJ17102]BUCO J-22

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:26万4000円

J-24に似ているがライニングにウールフランネルを採用しているモデル。J-21の後継モデルとして1951年に登場。肉厚なウエストベルトが付属する。

2.[BJ18001]BUCO JH-1 JACKET/BLACK

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:26万4000円

BUCOが初めて世に送り出したライダースジャケット。1947年に登場したJH-1は、エポレットの無い肩のデザインやスナップ式のウエストベルトなど、アビエイタージャケットのスタイルが色濃く残っている。

モヒカン小川の教えてやる!!

「俺がいま狙ってるモデルがコレ。BUCOのファーストモデルとして知られるJH-1だけど、いま見ても全く古くない。Dポケもなくエポレットやプリーツもないので、すごくシンプルに着こなせる。特にスナップボタンのベルトね。いろいろヴィンテージを見てきたけど、こんなデザインはJH-1だけじゃね? 茶と黒が選べるけど、俺のおすすめは断然ブラウン。ブラックはピグメント仕上げだけど、ブラウンはアニリン仕上げで革のナマの質感も味わえるし、「茶ダブル」って、いかつくなり過ぎずにファッションに取り入れやすいから、ダブル初心者の方にも着やすいはず。若干襟の大きいクラシカルなパターンも泣かせるよね」

JH-1のバリエーションもチェック!

[BJ21001]BUCO JH-1 JACKET/BROWN

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BROWN PRICE:27万5000円

JH-1のブラウンモデル。ウールライニングや無駄をそぎ落としたデザインなどはブラックと共通。しなやかなアニリン仕上げのホースハイドを採用する。

3.[BJ21102]BUCO J-31 JACKET

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:33万円

フロントに輝く8つの装飾ボタンが特徴になる変形のダブルライダース。クラシカルながらデザイン性と高い機能を両立させたデザインながら、ファッションとしてもインパクトがある。

モヒカン小川の教えてやる!!

「数あるBUCOのライダースのラインナップの中でも、最もインパクトが強烈なのがこのモデル。装飾用のフロントの8つボタンが、圧倒的な男らしさを演出してる。そのデザインは、航空黎明期のアビエイターコートのようでもあるし、南北戦争時の軍服のようでもある。1947年にすっきりしたJH-1をリリースし、その2年後の1949年にこいつをリリースしたBUCO って、本当にすごいと思う。ぶっ飛んでるというか(笑)。フロントジップを上まで閉めれば、かなりの遮風性が得られるので、リアルバイカーの人にもおすすめ。それも、旧車乗りの方に着てもらいたいな。ダックのジョッパーズパンツに合わせるのもいいかも」

こちらのライダースも注目!

[BJ19101]J-82 PADDED

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:29万7000円

モーターサイクルの性能が向上し、レースなどが盛んに開催されるようになると、安全性を考慮したライダースジャケットの需要も生まれた。これはパッドを肩や肘に配したレーシーなモデルになる。

4.[BJ19110]BUCO J-100 JACKET

SIZE: 34,36,38,40,42,44 COLOR:BLACK,D. BLACK PRICE:19万8000円

BUCOを代表するシングルライダース。低めのスタンドカラーと胸ポケットのみといういっさいの無駄をそぎ落としたデザインはバイカーだけでなくファッショニスタからも支持されている。

モヒカン小川の教えてやる!!

「俺もいろいろBUCOのライダースを持ってるけど、いちばん着用頻度が多いのがこのJ-100。まさにシングルライダースの完成形だよね。俺、こんなにシンプルな革ジャン、見たことないもん(笑)。真冬にはこの上にダウンベストを合わせるんだけど、スタンドカラーだから襟元もベストと干渉しないし、着丈もほかのモデルと比べて長めなので、すごく合わせやすい。昔のBUCOのカタログを見てみるとJ-100は「シャツ」と表記されてるんだけど、まさにその通りで、春秋はアウターとして、冬はインナーとして着られるので、実は俺のレザーワードローブの中でも、最も「1年を通じて長く着られる」モデルかも」

J-100のバリエーションもチェック!

[BJ13001]BUCO J-100/CYCLE PHYCHO

SIZE: 34,36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:24万2000円

’60年代になると多くのエンデューロレースなどが開催され、ライダーたちは思い思いのカスタムをオーダーしてレースに臨んでいた。そんなシーンを思い出させるJ-100ベースのカスタムモデル。

[BJ19002]BUCO J-100/PADDED

SIZE: 36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:24万2000円

J-100をベースに肩や肘にキルティングパッドをあしらったコンペティションモデル。当時のBUCOはライダーの要望に合わせるように様々な派生モデルやカスタムモデルを生み出していた。

[BJ21002]BUCO STYLE KING

SIZE:36,38,40,42,44 COLOR:BLACK PRICE:22万円

’60〜’70年代には、様々なカスタムオーダーによるライダースジャケットが登場する。これは上質な馬革に型押しでリザード柄を表現し、機能服がベースにありながら、ファッション性を高めたモデルとして存在する。

【問い合わせ】
ザ・リアルマッコイズ
https://therealmccoys.jp
https://therealmccoys.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア