原宿の人気帽子店が沖縄に上陸! 併設されたカフェにも注目。

  • 2022.09.20
  •              

沖縄旅行の定番スポットとして欠かすことのできないのが、美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジエリア周辺。ここは異国情緒溢れるお店や施設が立ち並ぶことで知られる場所。そのデポアイランドの一角に昨年オープンしたのが、本誌でもお馴染みのブランドのTHE FAT HATTER“ VISTA CLUB”だ。

パナマハットの中には、デッドストックの天然草木を使用し、オリジナル木型を用いて店舗内アトリエで製作したオリジナルハットも
コロニアルファッション(17〜18世紀の植民地時代の服装を彷彿とさせる、エレガントで涼しく動きやすいリゾートスタイル)にマッチするアイテムを多数セレクトしている

サンセットも楽しめる絶好のロケーションで味わう!

店内は明るく陽気な雰囲気。カフェカウンターはライトな色味のチェストナッツを使用。南国沖縄という土地柄にマッチしている

東京・原宿に旗艦店を構えるファットハッター。その2号店となるヴィスタクラブは昨年9月に沖縄県北谷町デポアイランドでオープンした。ここは沖縄のリゾート地ということもあり、ピンクやオレンジなどカラフルな洋風の建物が軒を連ねている場所。

その東シナ海に面したデポアイランド・ボードウォークに面したヴィスタクラブは、かつてスペインの植民地であったキューバやハバナといった、エキゾチックなコロニアル様式の佇まいとなっている。店内ではこの南国エリアのテイストに合わせ、パナマハットなどリゾートテイストなハットを多数取り揃えているのも魅力。

ゆっくりと過ごすことができる店内には、なんと誰でも弾けるフリーピアノが設置されている。しかもピアノのフリーライブが始まったら店内のBGMを下げてみんなで盛り上がるそうだ

さらに併設されたカフェではキューバサンドを再解釈したオリジナルのサンドイッチが楽しめる。食事とドリンクは店内で楽しめるだけでなくテイクアウトもできるので、美しい海の景色が広がるボードウォークに出かけて味わうことも。沖縄旅行の際にはぜひ立ち寄りたいスポットだ。

サンドイッチプレスでブレッドをカリッと焼き上げる。香ばしい匂いが食欲をそそる
スタッフとの距離も近く会話を楽しみながらカウンター越しに調理模様も見える
VISTA CLUBではスーベニアグッズも展開。オリジナルキャラの“雇われ店長” が描かれたトートバッグや、お店のコンセプトが描かれたTシャツも展開。沖縄旅行のお土産にどうぞ!

人気のメニューを紹介!

ORANGE AMERICANO & RYUCUBAN SANDWICH

ローストポークやチェダーチーズ、ディジョンマスタードなどが入ったリューキューバサンドイッチ(琉球とキューバの言葉遊び/ 980円)と、オレンジシロップとエスプレッソのマリアージュが旨いオレンジアメリカーノ(670円)

BEEF SANDWICH

スコティッシュパストラミとサワークラウトゴーダチーズ、自家製ロシアンドレッシングを使ったビーフサンドは食べ応えたっぷり。980円

FRESH BASIL CHICKEN PANINI

オーガニックドライトマトと蒸し鶏、モッツァレラチーズ、フレッシュバジルを使用したフレッシュバジルチキンパニーニ。女性の方にオススメのヘルシーな一品。980円

CAFFE LATTE(ORIGINAL PAPER CUP)

ブラジルやコロンビア、エチオピア、インドネシアの4か国からコーヒー豆を調達。程よい香ばしさとクリアでコク深い甘さが特徴の深入りブレンド豆のカフェラテ(590円)

カフェ奥のショップではVISTA CLUB限定のパナマハットが購入可能!

カフェの奥に足を踏み入れると、コロニアルファッションには欠かせないパナマハットの世界が広がる。もちろん内装も明るいエキゾチックな雰囲気に。ヴィンテージライクな東京の旗艦店と異なり、シグネチャーするアイテムコンセプトも異なり、メンズだけでなくレディスのハットやファッションウエアもセレクト。ここならコロニアルファッションの軸となるアイテムがすべてそろう。

SEA TURTLE

トップに一本筋が入る不思議なフォルムのパナマハット。このスタイルは通称“オプティモハット” と呼ばれ、リゾート地で映えるハットとなっている。どことなくフォルムが海亀に見えることから命名。3万5200円

SHI SHI DOG (Short & Long brim)

シーシードッグ(シーサーを海外の人はそう呼ぶ)と呼ばれる、コロンとしたフォルムのパナマハット。オールアップ仕立てのブリムは前側を下げてハイバックで使用可。ブリム幅は5cmと7cmの2種。各2万9700円

FALCON

ORCA (Short & Long brim)

パナマハットのスタンダードモデルであるオルカ。グレード3(網目の細かさを示す)のパナマ帽体をベースに、センタークリースのフロントピンチで仕上げたモデル。ブリム幅は5cmと7cmの2種。各2万9700円

【DATA】
THE FAT HATTER VISTA CLUB
沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46
ディストーションシーサイド1F
TEL098-989-5917
営業/cafe 9:00〜19:00 shop 11:00〜19:00
休み/無休
https://vistaclubshop.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア