解体した建物の廃材にデザインをプラス。|ReBuilding Center JAPAN

長年使われその役割を終えたとき、捨てられるのではなく次は別のカタチに変化し再び愛されるプロダクツがある。解体した建物の廃材を利用、デザインをプラスして新たなインテリアや雑貨に蘇らせる。そんなショップを訪ねた。

「ReBuilding Center JAPAN」千葉夏生さん

岩手の古着店で12年間働き、5年前に諏訪に移住し、リビセンのスタッフとなる。現在は主に制作を担当している。

廃材をレスキューして新たなプロダクツにデザインする。

ショップは3フロアに分かれており、家屋の解体のときにレスキューした食器や家財道具などをジャンルごとに陳列。宝探しをするような楽しさがある店内だ

長野県諏訪市。ここに古材や古道具を販売するリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン」が拠点を置く。この店名を聞いてもしかしたら「おや?」と思った人もいるかもしれない。そう、アメリカ・ポートランドの「リビルディングセンター」からその名を受け継いでいるのだ。

リビセンの主な仕事は家屋や工場の解体のときに出た廃材や、片付けの際に出た行き場を失ったものをレスキュー(引き取り)して販売することだ。

解体した建物から出た古材は、床や柱など種類によって収納している。またいつ、どこの家からレスキューした古材なのかを明記しており、それを見ながら選ぶのもなんだか楽しい

「半端に残ってしまったり、レスキューではがすときに割れてしまった古材もたくさん出ます。そんな古材は幅と長さを合わせてミックスした状態にてセット販売したり、オリジナルプロダクツの材料にするなど、極力使い切ることを目標にしています」

と千葉さん。また古道具などニーズから外れてしまったプロダクツの本質的な価値を見いだし、アップデートすることも仕事のひとつ。作家やアーティストなどとのコラボも積極的に行うなど、長く使ってもらえる仕組みを考案し続けている。

「地元のプロの方々にも相談したり、協力してもらうことでリビセンはできているんです。そんなパートナーみたいな人たちを増やしたいですね」

東京や名古屋から共に2時間半ということもあり、クルマでも訪れやすい。建物は元ゼネコン会社の本社ビル。2カ月かけてリノベーション
店内にあるレスキューされた古材を使ったカフェ。窓からは工房のスタッフやサポーターズが働く姿も

リビセンの注目アイテムたち。

廃材を使ったオリジナルプロダクツをディスプレイ。テーブルや額、椅子など少し手を加えたものが、こんなにもおしゃれなプロダクツに生まれ変わるのだ。

オリジナル商品や作家が制作したアイテムも販売。Tシャツや本などもあり、お土産にもぴったりだ。

レスキューしたガラスと古材を組み合わせた古材フレーム。一枚一枚表情が異なり、イラストや写真を入れて飾りたい。

レスキューしたガラス皿を使って照明にリプロダクト。ガラスの模様がアクセントになっていい風合いを醸し出している。もちろんすべて一点モノだ。

古材の端っこなど、制作の過程で切り落とされるパーツを使った一輪挿し。意図的なカタチにしていないため、家のどの部分だろうと想像しなが選ぶのもいいかも。ちょっとしたグリーンやドライフラワーにぴったり。

古材を使ったリビセンのサインボードに、チョークボーイ率いる表札看板店「WHW!」が看板を制作。インテリアにいかが?

様々な古材を組み合わせて一枚の天板に仕上げた。異なる木を組み合わせるという、ユニークな発想もリビセンならでは。

こちらはガラス窓コーナー。昔ながらの型板ガラスがなんとも風情がある。写真のように木枠が付いたものもあれば、ガラスのみも販売している。

解体時にはこういった石材も引き取ってくる。玄関までのアプローチに使ったりと想像力が膨らむ素材だ。アナタなら、どう使う?

レスキューした椅子やテーブル、ステレオなど家具やインテリアの展示スペース。掘り出しものが見つかりそうな予感。

【DATA】
ReBuilding Center JAPAN
長野県諏訪市小和田3-8
TEL0266-78-8967
営業/11:00~18:00
休み/水・木曜
rebuildingcenter.jp

(出典/「Lightning2022年7月号 Vol.339」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。