アメリカを感じるフルサイズトラック。|ダッジ・ラム1500【東京カーライフ】

この写真を見て、これはアメリカ? と思った貴兄も多いはず。実はここ、北関東は茨城県つくば市にあるショップ。そう、全国にファンを持つヴィンテージショップ『パラダイスバレー』だ。正確には東京カーライフではないが、ぜひとも紹介したい憧れのカーライフだ。

「パラダイスバレー」代表・結束嘉樹さん|1992年にパラダイスバレーをオープン。2011年に移転オープンした現店舗は、つくばの山々に囲まれた場所にあるが、全国から古着愛好家が押し寄せる。そのセンスの良さは折り紙付き

あえてベースグレードでシンプルに乗る。

2017年式のラムトラックは、スタンダードなベースグレードをチョイス。2009年よりダッジから独立して、ラムブランドとして展開されている

国道から1本入り、田園を抜けたあたりに突如として現れるアメリカンハウス。アメリカの片田舎にありそうなカントリーな佇まいの建物は、多くの古着愛好家から支持される名店『パラダイスバレー』だ。オーナーの結束さんの愛車であるラムトラックが、さらにリアリティを加えている。フルサイズのトラックであるが、日本でも難なく使えると太鼓判を押す。

「前もラムトラックに乗っていて、用途の広さや耐久性から、4世代目のモデルに乗り換えました。買い物などのデイリーユースはもちろん、海外から荷物が届いた時に使ったり、オンオフ問わず使えるのが一番の理由です。フルサイズですけど、取り回しがいいからストレスもありません。スーパーに行く時もまったく困りませんよ」

アメリカではピックアップトラックを日常的に使う習慣や文化が浸透しているが、結束さんのスタイルはまさにそれ。数十年もアメリカへ買い付けに渡り、現地の空気感を深く知っているからこそ、この力の抜けた雰囲気を醸し出せるのだろう。日本ではカスタムして乗っているケースをよく見るが、フルノーマルのベースグレードという点にもセンスを感じられる。

「アメリカでは特別なクルマじゃありませんからね(笑)。シンプルに乗りたかったので、ベースグレードを選びました。アメリカだとこれをベースに、商業車や救急車両にカスタムしている姿をよく見ます。荷物がたくさん積めて、運転していて疲れない。アメリカ車の魅力はそんな本質的な部分にあると思いますよ」

知識が豊富なオーナーの結束さん。今年はオープンして30周年を迎えた。そのセンスは言わずもがな、結束さんの人柄も、この店に通いたくなる魅力のひとつだ

「2017 DODGE RAM 1500」のディテールを拝見!

アメリカでは働くクルマなので、非常にシンプルなハンドル周りとインパネのデザイン。いい意味で色気がなく、逆に飽きずに付き合えそうだ。

エンジンは3.7LのパワーテックV6。215馬力あるので、フルサイズでもストレスなく加速でき、ロングドライブでも快適。ちなみにレギュラーガソリン。

スタンダードなレギュラーキャブは長さが5300㎜程度なので、荷物を積む際に役に立つ。航空便で届いた荷物をピックアップする時にも大活躍。

タイヤやホイールもノーマルなものをチョイス。この世代から5リンク式サスペンションになり、ハンドリング性能が向上。

(出典/「Lightning2022年7月号 Vol.339」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。