話題の新型ブロンコがついに日本上陸! ジープラングラーのライバルの姿をとくと拝見!

アメリカ本国での生産の遅れから、発売からかなり経過したものの、なかなか日本で見ることはなかったフォードの新型ブロンコがいよいよ日本に上陸。ジープラングラーのライバルとして気になる人も多いであろう話題の車両を紹介しよう!

新型FORD BRONCO日本初上陸!

アーリーブロンコを彷彿させるスクエアなデザインが話題となった新型ブロンコだが、2021年モデルとして発売されたものの新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、生産が追いつかず、アメリカ国内でも品薄状態がずっと続いている。

日本にはディーラー撤退で正規輸入されず、並行輸入のみとなってしまったが、1月に開催された東京オートサロンのMLJブースでおそらく日本初上陸となる新型ブロンコがお披露目されたのだ。

東京のエックスローディープスの手で輸入されたのは、BIG BENDというグレードのソフトトップ仕様をベースに足周りを中心にカスタムが施された車両だ。

ボンネット上にはFORD純正アクセサリーのAIR DESIGN社製フードスクープを装着。他にもフェンダーフレアやドアモールディングなどを装着

ボディには純正アクセサリーとなっているAIR DESIGN社製のフェンダーフレアやドアモールディング、フードスクープを装着。さらにラフカントリーのキットで2インチリフトアップした上で、KMCのTREKホイールと35インチのマッドタイヤを装着。よりワイルドな雰囲気に。

ホイールはKMCのTREKでサイズは17×9.0J-12。35×12.5R17 サイズのTOYO OPEN COUNTRY M/Tを組み合わせている

車格はもちろん歴史も含めて、ジープラングラーのライバルになることは間違いないだろう。奇しくもラングラーにもV8エンジンを搭載したルビコン392がデビューしているが、ブロンコにも3リッターV6ツインターボエンジンを搭載した最強グレードのラプターが2022年より追加され、ますます熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

フロントガラス上やミラーの付け根にZROADZ社製のLEDフォグを、いずれも専用のステーを使って装着している

初代ブロンコを彷彿させるスクエアなデザイン。

FORD BRONCO BIG BEND

BASE、BIG BEND、BLACK DIAMOND、OUTER BANKS、BADLANDS、WILDTRAKの6グレード展開で発売された2021年のブロンコは、3ドアと5ドアモデルをラインナップし、さらにソフトトップとハードトップが選択可能となっている。ドライブトレインは2.3リッターの直4Eco Boostと2.7リッターのV6Eco Boostの2種類。トランスミッションは7速マニュアルと10速ATを選択可能となっている。5ドアのカタログ上のボディサイズは全長189.4in(約481㎝)、全高73.0in(約185㎝)、全幅75.9in(約193㎝)

エンジンは270馬力を発生する直列4気筒の2.3リッターEco Boost。これに10速ATの組み合わせ
リアゲートには、車名にもなっているBRONCO(野生馬)のエンブレムが備わる
並行輸入車ゆえに左ハンドル。ダッシュには中央に大きなモニターが備わり、直線基調だがモダンなデザイン
ラゲッジスペースは見た目より広い。ジープラングラーと比べてもこちらに軍配が上がりそうだ
リアシートは足元も広く5人が快適に移動可能。また6:4分割のリアシート倒すことでラゲッジスペースはかなり広くなる

(出典/「Lightning2022年5月号 Vol.337」)