自然が生み出すアート作品。“木質化”の魅力とは?

サボテンやユーフォルビアなどに現れる木質化という現象。樹皮のように固くなり不思議な模様には人々を虜にする魅力がある。「BIZARRE GREEN」代表・傳田達朗さんにお話を伺った。

「BIZARRE GREEN」代表・傳田達朗さん

元フラットヘッドの企画や広報を担当していた経歴を持ち本誌でも度々登場していた傳田さん。2019年に独立しビザールグリーンをオープン。「植物は僕自身勉強中の身。お客さんと情報交換しながら楽しんでいます」

ヴィンテージのように植物のありのままの変化を楽しむ。

サボテンやユーフォルビアの植物にハマると必ず耳にする木質化。幹本体の下から茶色くなり、まるで樹木のような固く茶色い質感になることからそう呼ばれる現象である。決して病気というわけでは無いものの育成環境などに影響されるが、近年の塊根植物ブームとともに、木質化によるグリーンとブラウンのコントラストに魅力を感じる人も増えているという。そこで長野県にあるビザールグリーンの傳田さんに話を伺った。

「オベサやバリダのようなユーフォルビアなどは、幾何学模様のように木質化が発生する場合も多いです。ただ木質化しても成長は楽しめるので、そこまで神経質になる必要はありません。私自身、クルマやジーンズなどエイジングしたものが好みということもあって、木質化の乾いた雰囲気にヴィンテージと同じような魅力を感じているんです。とはいえ狙って木質化できるわけではないので、ありのままの成長を楽しむのが一番だと思います」

傳田さんおすすめの植物3選。

ユーフォルビア・オベサ

ぷっくりと丸い株に縞模様が入るオベサは比較的手に入れやすく育てやすいことから、初心者にもオススメの品種。木質化する個体も多いため、手軽に木質化を楽しみたいならまずはオベサを手に入れたい。8800円

こちらは木質化していないオベザ。

コピアポア・シネレア

白い肌に黒い棘が生えたモノトーンな佇まいが魅力なサボテン。チリが原産の個体で日本でも極めて人気の高い品種。「下部には独特な木質化が見られ、棘の抜け落ちた跡や黒ずんだ肌感など、まるで化石のような質感が魅力ですね」と傳田さん。(参考商品)

ユーフォルビア・バリダ

オベサと似たような形状だが、稜線から花柄が伸び、枯れたまま本体に残った珍妙な姿が人気。こちらも木質化する個体が多く、花柄と合わせて枯れ感が楽しめる。6270円(オリジナル鉢込)

ビギナーにも優しい服と植物のセレクトショップ。

傳田さんの植物好きが高じて2019年にオープンさせたショップは塊根植物とアパレルをセレクト。手頃なグラキリスから希少なパキプスまで幅広い品種が揃う。これから塊根植物を始めたいというビギナーにも優しく対応してくれるユーザーフレンドリーなショップなのだ!

アパレルはクローバルやサニースポーツ、ダナーやバンズといった、アメリカ西海岸をイメージしたブランドをチョイス。丁寧にセレクトされたラインナップだけに、植物と合わせて物色したい。

地元・長野の陶芸家さんによるオリジナル鉢。鉄分を多く含んだ泥を釉薬としてを使っているためメタリックな質感が魅力。左から2970円、3630円、8580円、4180円、2970円

【DATA】
BIZARRE GREEN
長野県長野市篠ノ井布施高田879-1
TEL026-247-8160
営業/11:00~20:00
休み/火曜
https://www.bizarre-green.c

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典「Lightning2021年12月号 Vol.332」)