【遊びの達人たちに学ぶギア選び①スケートボード】自らの手で造り上げたプライベートパークは最高の遊び場だ!

  • 2022.03.10
  •              

「遊び」と道具とは、切っても切れない深い関係にある。いい道具を選べば、愛着も湧き、どんどん趣味も上達するというもの。ここでは、もはやプロの域にまで達した真の遊びの達人たちに登場いただき、彼らのギア選びの極意を伝授してもらった。

「grindland SUNZUI」オーナー・本間一功さん

東京から生まれ故郷である南房総へ戻ってきたことを機に、自宅敷地を改装したプライベートパーク「grindland 氵SUNZUI」を昨年11月にオープン。ここを拠点に南房総の街づくりに取り組んでいる。

好き放題遊べるサーフタウンのパラダイス。

BBQを楽しんだ後に軽くセッション。好きなところにBBQセットを持ち込めるのも、コーピングに炎をおこす演出も、プライベートパークだからこそ実現可能な遊びだ

サーフタウンとして名高い千葉県南房総市に、昨秋誕生した完全プライベートパークの「氵(サンズイ)」。オーナーの本間一功さんは建設の経緯をこう話す。

「以前このエリアには、駅前にバスケットコートとスケートスポットがあったんですが、大人の事情によって撤去されてしまったんです。そこは自分にとっても青春時代の思い出が詰まった大切な場所。そんな遊び場をどうにかして復活させたかったんです。もともと自分がイベントを開いたりして人を集めるのが好きだったのもあり、それなら自らの手で造ってしまうおうと全国各地のスケートパークを巡り、パーク造りを手伝う修業も積んだ末にやっとの想いで完成させました。今はスケートショップと民泊施設のオープンに向けて、ここを拠点に地域一丸で街づくりを進めています」

施設内にはスケートボード練習用のミニランプと海外のようなプールセクションが広がる。完全予約会員制で、使用の際は前日までにメールかDMでの予約が必須

そんな一功さんの愛用ギアには自身のスタイルが滲み出ている。

「やはりルーツは大事にしたいですし、土地柄サーフィンもする自分にとってドッグタウンの影響は大きくて。パークをご覧いただければわかりますが、トランジション寄りのヘッシュなギアを愛用しつつも、そこにローカル色で味付けしてる感じですね。中でも一番影響を受けたのはジョン・カーディエル。常に全力で危なっかしいラディカルな感じがまたカッコよくて。彼が使っているアイテムはついついチェックしちゃいます」

現在ギャラリーを兼ねたスケートショップと民泊施設の準備を進めている本間さん。ここを拠点に南房総を世界に発信していきたいという熱い想いを我々に語ってくれた
漁業権も持つ本間さんは、日頃から地元海産物でのBBQを楽しんでいる。程よく小ぶりで身が締まったサザエは最高のおつまみ

遊び心とローカル愛溢れるスタイル際立つ本間さんのギアセレクト【厳選5】

1.オリジナルシェイプのコンプリートデッキ

南房総のローカルスケーターによるオリジナルシェイプのデッキ。上はANTIHEROのレニー・べレスモデルのノーズとテールを入れ替えアウトラインに沿って削り出したもの。それに対して下はDOGTOWNのアーロン・マーレーモデルをベースにしつつも、ホイールベースを長めにすることで、大きな弧を描きやすいシェイプに仕上げている。どちらも幅は太めで安定感を重視したセッティング。

2.マイシェイプのハンマーヘッドデッキ

お遊びで自らシェイプしたハンマーヘッドデッキ。ウィールバイトしないようにテール側の両サイドを削ってウェルを作り、取っ手もつけてジャイアンツカラーに塗装、さらにINDEPENDENTのステッカーを貼って仕上げた一枚。

3.VANSとCONVERSEのスケートシューズ

本間さんがライディング時に実際に使用していたシューズがこちら。CONVERSEのスリッポンはカカト周りの縁がラバーになっているため脱げにくく、そこがお気に入りで愛用。対してVANSのオーセンティックはUS企画の一足でソールがクリアになっているコラボモデル。どちらもグリップ力重視したローテクモデルになっており、SUNZUIの刻印を入れたオリジナルカスタムを施している。

4.ローカル愛が詰まったヘッドギア

“Build a town” というメッセージが入った麦わら帽は、これからパークを中心に街づくりを進めていくSUNZUIストリートへの想いを表現したもの。対してTOMIURA BEER CLUBのキャップは、以前このエリアのスケートスポットだったとみうら枇杷倶楽部の枇杷とBEERをかけたもの。滑った後に皆でよくビールを飲んでいたことから、同世代の大人が愛用しているシャレの効いたプロダクト。

5.SEISMICとSUNZUIのコラボウィール

適度なグリップ力を保ちつつも、パワースライドができるギリギリの硬さを研究して行き着いたウレタンを使用したウィール。大きさは63mmで硬さは78Aというスペック。

【DATA】
grindland 氵 SUNZUI
千葉県南房総市富浦町青木23-2
[email protected]
https://www.instagram.com/grindland_sunzui/

(出典/「Ligthning2021年9月号 Vol.329」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア