話題のヴィンテージ総合EC モール『Vintage Collection Mall(VCM)』のギャラリー内部に潜入!

2021 年6 月にローンチし、各所で話題となっているヴィンテージ総合EC モール『Vintage Collection Mall(VCM)』。この建物は、VCM 代表を務める、十倍直昭さんのギャラリー兼コレクションルーム。ヴィンテージファニチャーのみで構成された空間は、参考になるディスプレイが多数。

多種多様なアンティークをセンスよくブレンド!

センターに置いてあるテーブルは、1920年代頃にアメリカの図書館で使われていた、ライブラリーテーブル。デスクの上のディスプレイは、全体的に木と鉄をブレンド。

登場してもらった十倍直昭さんは、レディスヴィンテージの名店『GRIMOIRE(グリモワール)』の代表であり、6月にオープンしたばかりのンヴィンテージ総合ECモール『VCM』の代表を務める。そのギャラリーには、ヨーロッパからアメリカ、アジアまで世界各地で買い付いたアンティーク家具と自身のヴィンテージが並ぶ。

「普段は、ロアートギャラリーという名前でギャラリーとして運営していて、予約が入っていない時は、弊社のヴィンテージのショールームとしても活用しています。白壁にモルタルの床というシンプルな組み合わせにして、試着室のドアもヴィンテージのものにカスタムしています。また置いている什器もすべてヴィンテージ/アンティークで、世界各地から買い付けたものです」

フランスのインダストリアルライトの中でもっとも高い人気を誇るGRASもさり気なくディスプレイ
特に気に入っているトランクは、1930年代のアンティーク。アメリカ各地のホテルのステッカーが貼ってある
狙ったわけでなく、シンデレラフィットでアンティークのスチールロッカーが入ったそう
カウンターには、インダストリアルなショーケースが組み合わされている。ペイントのやれた風合いも絶妙だ

ひとつのジャンルに特化するのではなく、インダストリアルなテイストもあれば、LAっぽいシャビーシックなアンティークも並ぶ。

「シンプルな空間に、あえてヴィンテージらしい存在感のあるものを置くのがポイントです。シンプルすぎず、ゴチャゴチャしすぎないバランスが大事かなと」

同じテイストで統一すると無機質になりすぎてしまうため、少 し女性的で風合いのあるシャビーシックなアンティークも同列に置いているのがポイント。このバランスは絶妙だ
シンプルな空間だからこそ、大きなインダストリアル系のランプが映える

自身のヴィンテージコレクションをディスプレイ。

’90年代を中心としたヴィンテージのバンドTシャツ。色を揃えて並べるだけで、立派なディスプレイとなるので参考にしたいところ。

プリントを厳選した1970 ~ ’80年代のTシャツをディスプレイ。下段にアート本を飾ることで、うまくメリハリを付けたセンスが光る。

こちらはリーバイスを中心としたヴィンテージのデニムジャケットが並ぶ。大きめのサイズのものを厳選している。

(出典/「Lightning 2021年9月号 Vol.329」)