やっぱりハーレー! 東京を走る、ストリートバイカーのファッションをチェック!【ハーレーダビッドソン編】

東京をはじめとする都会を駆け抜けるバイクを見かけると、無意識に目で追ってしまう人も多いはず。それはメ
ーカーはもちろん旧車や新車、排気量の大きさも関係なくオーナーが自然体で乗っているからこそ魅力的に映
るに違いない。

そんなカッコいいストリートバイカーファッションを、バイクへのこだわりと共にチェック! 今回はハーレーのオーナーにスポットを当ててみた。

1.自営業・佐藤哲也さん|1997 HARLEY-DAVIDSON FXST

グレーのタンクを中心にブラックで統一したFXST。愛車歴2年。大型バイクのなかでも、憧れていたのは、やはりハーレーで、免許取得後に初めて購入したのもハーレー。「子供を乗せるタンデムシートをブラックトップさんで加工してつけてもらいました」

2.「マキャベリック」ディレクター・北嶋直人さん|2011 HARLEY-DAVIDSON XL1200N

東京を代表するバッグブランドを手掛ける北嶋さんの愛車は、エンジン以外をブラックアウトし、パーツまで徹底的にこだわったフルカスタムのスポーツスター。「お気に入りは、モトガジェットのメーターとローランドサンズデザインのホイールですね」

3.自営業・石田力也さん|1996 HARLEY-DAVIDSON XL1200

約3年ほど愛車としているスポーツスターは、フロントフォークをロングにしながらもZバーハンドルやスモールタンク、ショートフェンダーでコンパクトにカスタム。「大きめのシートから、よりコンパクトなフォルムになるようシートをオーダーしました」

4.会社員・小泉寛明さん|2017 HARLEY-DAVIDSON XL1200CX

フォックスのリアサスやゴツめのタイヤなど、アメリカのダートレースで活躍するラスティ・ブッチャースタイルにカスタムされたスポーツスター。2イン1のマフラーをはじめとするミニマルなスタイルながら、迫力のあるカスタムがお気に入りのポイント。

5.会社員・脇本慎太郎さん|1982 HARLEY-DAVIDSON FXR

オールドを感じさせない全体的にコンディション良好なショベルヘッド。1982年製でちょうど4速から5速へと仕様変更される過渡期のモデルで5速を搭載する。「乗りやすいようあんこ抜きしたシートと二人乗りしやすいタンデム仕様にカスタムしています」

(出典/「Ligthning 2021年8月号Vol.328」)