やっぱりハーレー! 東京を走る、ストリートバイカーのファッションをチェック!【ハーレーダビッドソン編】

東京をはじめとする都会を駆け抜けるバイクを見かけると、無意識に目で追ってしまう人も多いはず。それはメ
ーカーはもちろん旧車や新車、排気量の大きさも関係なくオーナーが自然体で乗っているからこそ魅力的に映
るに違いない。

そんなカッコいいストリートバイカーファッションを、バイクへのこだわりと共にチェック! 今回はハーレーのオーナーにスポットを当ててみた。

1.自営業・佐藤哲也さん|1997 HARLEY-DAVIDSON FXST

グレーのタンクを中心にブラックで統一したFXST。愛車歴2年。大型バイクのなかでも、憧れていたのは、やはりハーレーで、免許取得後に初めて購入したのもハーレー。「子供を乗せるタンデムシートをブラックトップさんで加工してつけてもらいました」

2.「マキャベリック」ディレクター・北嶋直人さん|2011 HARLEY-DAVIDSON XL1200N

東京を代表するバッグブランドを手掛ける北嶋さんの愛車は、エンジン以外をブラックアウトし、パーツまで徹底的にこだわったフルカスタムのスポーツスター。「お気に入りは、モトガジェットのメーターとローランドサンズデザインのホイールですね」

3.自営業・石田力也さん|1996 HARLEY-DAVIDSON XL1200

約3年ほど愛車としているスポーツスターは、フロントフォークをロングにしながらもZバーハンドルやスモールタンク、ショートフェンダーでコンパクトにカスタム。「大きめのシートから、よりコンパクトなフォルムになるようシートをオーダーしました」

4.会社員・小泉寛明さん|2017 HARLEY-DAVIDSON XL1200CX

フォックスのリアサスやゴツめのタイヤなど、アメリカのダートレースで活躍するラスティ・ブッチャースタイルにカスタムされたスポーツスター。2イン1のマフラーをはじめとするミニマルなスタイルながら、迫力のあるカスタムがお気に入りのポイント。

5.会社員・脇本慎太郎さん|1982 HARLEY-DAVIDSON FXR

オールドを感じさせない全体的にコンディション良好なショベルヘッド。1982年製でちょうど4速から5速へと仕様変更される過渡期のモデルで5速を搭載する。「乗りやすいようあんこ抜きしたシートと二人乗りしやすいタンデム仕様にカスタムしています」

(出典/「Ligthning 2021年8月号Vol.328」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。