いまのトレンドがわかる! 東京ストリートバイクスナップ【トライアンフ編】

都会を駆け抜けるバイクを見かけると、無意識に目で追ってしまう人も多いはず。メーカーはもちろん、旧車や新車、排気量の大きさも関係なくオーナーが自然体で乗っているからこそ魅力的に映るに違いない。そんな、バイクオーナーたちのスナップをお届け。今回はトライアンフ編。

1.自営業・長島乙馬さん|1964 TRIUMPH T120

「これに乗る前はずっとハーレーに乗っていたんですけど、自分にはトゥマッチかなと思って」。約10年乗っているT120。低くも歯切れの良いショートマフラーは、トライアンフのカスタムで知られる名店、トライドモーターサイクルで作ってもらったもの。

2.自営業・青柳宏明さん|1951 TRIUMPH TR5

旧いトライアンフを初めて購入したのは7年前。もともとハーレーに乗っていたという青柳さん。「軽さとエンジンを軽快に回せることから、トライアンフが好きになりましたね」。お気に入りは、ベストポジションでライディングできるヘリングスのハンドル。

3.会社員・鶴田明義さん|1939 TRIUMPH T100

ヴィンテージトライアンフとは、かれこれ10年以上の付き合いだという鶴田さん。ガーターフォークを装備したT100は、ホイールを20インチにアップしている。タンクやパーツ類、シートのエイジングなど、ヴィンテージならではの風合いが大きな存在感を発揮。

4.カバン職人・吉田誠治さん|1950 TRIUMPH 6T Thunderbird

第二次世界大戦後、トライアンフを大きく成長させることとなったサンダーバード。曲線が美しく交差するマフラーが印象的。「エンジンは1959年のボンネビルのエンジンに載せ替えています。シートがボロボロなのでダンロップシートのレプリカに換える予定です」

5.「BARBER KAMITO 」オーナー・村上隼さん|1937 TRIUMPH 5T SPEEDTWIN

購入してまだ間もないというスピードツインは、のちに英国を代表するモーターサイクルメーカーとして名を馳せることとなったトライアンフの初期モデル。「1960年代くらいに1度リペイントされているようですが、ログブック、ナンバーなどもそのままです」

6.「グラッドハンド コア」スタッフ・山城涼さん|1969 TRIUMPH TR6

デザイナーのL.さんから譲り受けたTR6に乗る山城さん。「ストップ&ゴーが多い東京の道にはトライアンフが合っている気がします。短い距離での鋭い加速感が心地良い」。コンパクトなチョッパーで都会を軽快に走り回る。次はハンドルをさらに高くするカスタムを計画中だとか。

元の外装はオールブラックだが、横浜のバーンティークにてグリーンのフレークにイエローのピンストライプが描かれたタンク&フェンダーに変更
他人とかぶらないカラーリングがお気に入り。左出しの2in1のアップマフラーがレーシーな雰囲気を醸し出している

7.「Krafty Tokyo」代表・熱田英明さん|1968 TRIUMPH T120R BONNEVILL

1968年製にしてはコンディション抜群のT120R。熱田さん自身、ヴィンテージのトライアンフ歴は7年ほど。「実はこのバイク、3年ほど前に妻が買ったもの。最近はあまり乗る機会がなくなったようで、僕が乗っています」。自身のバイクは現在調整中なのだとか。

8.自営業・長谷川智也さん|1965 TRIUMPH TR6

3年半ほど乗っているフランジとマフラーが特徴的なトライアンフのTR6。「ハーレーのショベルに11年ほど乗っていたんですけど、気軽さからトライアンフにしました」。ただ、訳あって近々ブラックトップモーターサイクルに嫁入りが決まっているという。

(出典/「Ligthning 2021年8月号Vol.328」)