“クルマもファッションだ”が合い言葉。「Lightning(ライトニング)」2月号、本日発売!

ファッションがそうであるように、クルマも乗る人の個性が投影されます。最新だから偉い、高級車だから偉い……そんな価値観もありますが、ライトニングは少し違う。クルマもファッションのひとつとしてこだわり、その人らしいカーライフをおくっている人たちってやっぱりカッコイイ。今号では、そんな素敵なクルマとの付き合い方をしている人を紹介しています。希少なヴィンテージカーから、国産のヤングタイマーまで……、登場するクルマも実にさまざま。この特集を読んだら、きっとすぐに愛車のハンドルを握りたくなるはずです。

購入はこちらから!

特集「達人たちのカーライフ」

クルマほど所有者の趣味趣向が如実に出るプロダクツは他にありません。ライフスタイルを謳歌する達人たちは、一貫してそれぞれの「好き」を大事にしているものですよね。だからアメリカ旧車に国産旧車、そして欧州旧車といった、旧くて味わいのあるクルマに乗っていいます。ジーンズやブーツと同じようにファッションとしてクルマを選んでいる人たちが続々と登場!

最近の旧車ブームのおかげか、模型の新製品も旧車が人気。せっかく旧車の模型を買うなら当時物にこだわるのも一興。実写も模型も旧いモノって味がありますよね。ということで、専門店『クラシックヴィンテージ』で、店長おすすめのアイテムと編集部視点で選んだものをピックアップしています。じっくりと見入ってしまってください。

第2特集「Dig! Type A-2-伝説の飛行服を深掘りする」

軍モノの革ジャンといえばやっぱりA-2。と、それほどまでに言い切れるのは、我々の脳内にこの革ジャンの存在が大きく居座っているからです。戦うために生まれ、歴戦のパイロットたちが愛し、そして今でもエアフォースのシンボルとして崇められるタイプA-2。そんな伝説的フライトジャケットを改めて深掘りしてみました。

今月の「こうしてボクらはオーナーになった」はお坊さんが作るジーンズ!

能登半島の小さなお寺の離れで、元縫製職人のお坊さんが作るのが、昔ながらの技法で作るジーンズ。そんな変わったお坊さんが今月の主人公です。ミシンに救われたお坊さんが作る、人の心を満たすジーンズに注目!

そのほか、人気ブランドの新作アイテムや、アメリカンカルチャーについて深掘りする連載企画など盛りだくさんでお届け! 年末年始のお家時間のお供にぜひ。

購入はこちらから!